Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ゴリラのアイヴァン』アンジェリーナ・ジョリー声優&製作の感動作

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第895回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。 今回は、9月11日からDisney+(ディズニープラス)にて独占公開となる『ゴリラのアイヴァン』をご紹介します。

心優しいゴリラが、一度きりの人生を自分で切り開く!

女優のみならず、映画監督、製作者としての顔も持つアンジェリーナ・ジョリー。 ハリウッド映画を象徴するアイコン的な存在の彼女が、声優として出演するだけでなく、プロデューサーにも名を連ねた渾身作が『ゴリラのアイヴァン』。 実話をもとにした大ヒットベストセラー小説から生まれた、とっても特別なゴリラの忘れられない物語です。

『ゴリラのアイヴァン』のあらすじ

アメリカ郊外にあるショッピングモールの小さなサーカスで暮らす、シルバーバックゴリラのアイヴァン。大きな雄叫びを上げ、観客を喜ばせるのが彼の仕事だ。 年老いたゾウのステラや野良犬のボブたちと幸せに過ごしていたが、ある日、ルビーという名の赤ちゃんゾウがやって来る。ごく最近、野生の家族から引き離されたというルビーと交流を深めて行くうちに、アイヴァンは身体の奥深くにある何かを揺さぶられる。 それは、ほとんど記憶にないはずの故郷への想い。彼は自分の気持ちを表現するために、絵を描き始める……。

『ゴリラのアイヴァン』のみどころ

本作の製作にあたっては、約35の国々でゴリラの4つの亜種すべてを保護するディズニー野生保護基金が協力。そして、モーションキャプチャーをはじめとした最新のCG技術によって生み出された動物たちには、名だたる俳優陣が命を吹き込みました。 400ポンド(約180キロ)もの大人の雄ゴリラ・アイヴァンの声を担当したのは、『スリー・ビルボード』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたサム・ロックウェル。 野良犬のボブ役に、『ツインズ』『ダンボ』などで知られる名優ダニー・デヴィート。贅沢な暮らしを送るプードルのスニッカーズ役には、賞レースの常連女優ヘレン・ミレン。 また長年にわたる人道支援活動や野生動物の保護活動でも知られるアンジェリーナ・ジョリーは、アイヴァンの友人であるゾウのステラの声を担当。名優たちの深みのある演技が、動物たちに躍動感を与えています。

【関連記事】