Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

芦田愛菜インタビュー “あやしい宗教”にのめりこむ両親と暮らす少女を演じ考えた“信じること”の本当の意味

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 芦田愛菜が主演を務める映画『星の子』が10月9日(金)より公開される。監督・脚本は『日日是好日』『MOTHER マザー』の大森立嗣。芦田は、“あやしい宗教”を深く信じている両親のもと、過酷な青春に翻弄される少女・ちひろを丁寧に演じる。  撮影時は同じ中学三年生だったという芦田だが、同世代のちひろをどのように演じたのか。両親役の永瀬正敏・原田知世との現場で感じたこと、本作のテーマにもなっている“信じる”ということの意味についても語ってもらった。

「今の髪型だとしっくりこない」自分の持つ“ちひろのイメージ”に合わせ髪を切る

――オファーがきて、脚本を読んだときはどのように感じましたか。 芦田:このお話のテーマに“信じる”ということがあると思うんです。それで、自分でも“信じる”ってなんだろうと考えました。「その人のことを信じようと思います」とかよく使われる言葉ですけど、相手を信じるというよりも、その人には“こうあって欲しい”という自分の持つ理想像に期待してしまっているのかなと感じます。だから「期待してたのに」という言葉が出てくる。でも、それは裏切られたわけではなくて、その人の想像してなかった側面が出てきただけ。だから側面が出てきたときに、受け止められる揺るがない強い自分がいるということが本当の意味での“信じる”ということなのかなと思いました。でも、それは難しいことで、人はどうしても揺らいでしまう。だからこそ人は声に出して「信じる」と言い、理想にすがりたいのかなと思います。 ――今回、髪をバッサリと切ってちひろ役に挑んだと伺いました。 芦田:お話をいただいたときに、髪が長い自分がちひろを演じるというのがしっくりこなかったんです。それで監督に「髪を切りたいと思うんですけど…」とお伝えさせていただきました。髪を切ったことで、自分がイメージするちひろに見た目だけでも近づけたような気がしました。 ――芦田さんからの発案だったのですね。 芦田:はい。イメージは人それぞれだと思うんですけど、なんとなく今の髪型だとしっくりこないなと感じていました。自分が演じている姿を想像して納得いかないという。 ――切ってみて芦田さん自身のお気持ちはいかがですか? 芦田:これくらい短いのも久しぶりで、肩が軽くてびっくりしましたし、洗うのも乾かすのも楽で、今までの自分と違うのを楽しんでいます。また役によって色々な髪型を試したいと思います!

【関連記事】