Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界で最も成功した救出作戦を称える「チャビン・デ・ワンタル英雄博物館」―在ペルー日本大使公邸占拠事件の記憶―

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

1996年12月17日にペルーの首都リマで発生した『在ペルー日本大使公邸占拠事件』。ペルー左翼テロ組織トゥパク・アマル革命運動(MRTA)に捕らえられた人質72人を救出するため、フジモリ大統領(当時)はリマ市南部に大使公邸と寸分たがわぬレプリカを造らせ、救出作戦に向けた極秘訓練を行った。作戦名は“オペレーション・チャビン・デ・ワンタル”、訓練に使われた公邸のレプリカは現在『チャビン・デ・ワンタル英雄博物館』(以下:チャビン・デ・ワンタル博物館)として一般に公開されている。

「世界で最も成功した救出作戦」を称える博物館

リマ市チョリージョス区にある軍施設の一角に立つチャビン・デ・ワンタル博物館は、レプリカながら一国の大使公邸に相応しい瀟洒なたたずまいを見せている。誰でも見学できるが、現役兵士が館内を案内するシステムのため事前予約が必要だ。

「皆さま、チャビン・デ・ワンタル博物館へようこそおいで下さいました。本日はペルー陸軍所属のわたくしカルヤワンキが、“チャビン・デ・ワンタル”という世界で最も成功した救出作戦についてご説明いたします」この日私と友人を案内してくれた女性兵士は、はきはきとした声でこう切り出した。

「1996年12月17日、天皇陛下誕生祝賀パーティーが青木大使(当時)の公邸で行われました。午後8時30分、14人のテロリストが裏庭から公邸を急襲し、500人以上もの人質をとって立てこもりました」

同じセリフを幾度も繰り返しているのだろう、カルワヤンキさんの解説にはよどみがない。日本で報道されている情報と異なる部分もあったが、ここは異を唱えず彼女の言葉に耳を傾けることにした。

最初に通されたのは、公邸の1階にある食堂だ。床には大きな穴があり、天井も一部崩れ、銃弾の後が無数に残っている。食堂と隣接するホールや、その奥にある図書室の床にも穴が開いていた。これらは特殊部隊が訓練として実際にTNT爆弾を使った痕である。午後3時から3時半までの間、MRTAメンバーの大半が公邸内のホールでサッカーに興じていることを作戦本部は事前に把握していた。また、MRTAの指導者ネストル・セルパが1日を主に図書室で過ごしていることも知っていた。人質がいる2階の床を崩さず、かつMRTAメンバーを一掃するに足りる火薬量を計算した作戦本部はこのレプリカで威力を実証、本番ではそれぞれの部屋に4キロのTNT爆弾を仕掛けた。

【関連記事】