Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』が過激すぎると問題化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

<内容が過激過ぎるとして「#キャンセルネットフリックス」運動に発展、株価も下落>

ストリーミングサービスのネットフリックス(Netflix)の株価は、物議を醸した映画『キューティーズ!』の公開後、1.3%下落した。【キャサリン・ファン】 【写真特集】セクシー女優から受付嬢まで、トランプの性スキャンダル美女たち 映画祭の受賞作品でもあるフランスの青春映画『キューティーズ!』は、アメリカの観客向けに試写会をおこなった後、未成年の出演者を不適切に性的に扱い、搾取しているとして批判を浴びた。 『キューティーズ!』は、パリに住むセネガル系の少女が、友人たちのダンスグループに加わり、家族の問題から自由になるまでを描いている。この映画では、未成年の俳優たちが露出の多い衣装を身につけ、挑発的に踊るシーンが何度か登場する。 フランスの映画制作者マイモウナ・ドゥクレの監督デビュー作となるこの映画は、『Mignonnes(可愛らしいお嬢さんたち)』のタイトルで8月19日にフランスで公開された際にはそれほど議論にはならなかった。しかし、9月9日にアメリカで配信が始まるとまもなく、ツイッターで「#CancelNetflix(ネットフリックスを解約しよう)」というハッシュタグがトレンドにあがる。 配信翌日には、ネットフリックスの株価は3.9%下落した。 この映画は9月14日現在、アメリカ版ネットフリックスの人気映画ランキングの7位に入っている。 <描写が「過激過ぎる」> 子を持つ親や政治家、さらには多くの陰謀論者は、ネットフリックスにこの映画の配信停止を求めている。上院議員のテッド・クルーズとトム・コットンは、この映画は児童ポルノにも等しいとして、司法省に対して独自調査を開始するよう求めた。 クルーズはウィリアム・バー司法長官に宛てた書簡で、こう述べている。「この映画では、未成年の少女たちがたびたびフェティシズムの対象として性的に扱われており、露出の多い衣装を着て性行為を模したダンスを踊り、少なくとも一場面では未成年者が半裸になっている。そうした場面はそれ自体が有害だ」 『キューティーズ!』の監督ドゥクレが監督賞を受賞した2月のサンダンス映画祭では、この映画は猥褻とは見なされなかった。映画評論家やドゥクレは、問題視されている要素について、現代社会における少女たちの性的客体化に対する社会的批評だと擁護している。 フランスの映画組織ユニフランスが9月14日に主催したパネルディスカッションで、ドゥクレはこの映画のアメリカ公開について語り、受け入れられるだろうと思っていたと話した。

【関連記事】