Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

激似過ぎ! 日産 新型エクストレイル、実は2年前からコンセプトカーでデザインを“匂わせ”ていた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

2年前のコンセプトカーから改めて探る新型エクストレイルのデザイン

2020年6月に世界デビューを果たした4代目新型エクストレイル。日産は2年前からそのデザインを“匂わせていた”ってご存知でしたか!? ■激似! 新型エクストレイルとクロスモーションを画像で見比べる![画像50枚] 2018年から新型エクストレイルを「予告」していたコンセプトカーの画像と改めて見比べてみましょう。

■日産 新型エクストレイルの詳細は関連記事リンクをご覧ください▼

力強くなったVモーショングリル、ヘッドライトはブーメランから2段式へ“進化”

日産のコンセプトカー「XMotion」(クロスモーション)は、2018年1月に開催された北米自動車ショー(デトロイトモーターショー2018)に出展されたSUVのコンセプトカー。力強い形状に変化した日産独自のVモーショングリルと、ブーメラン型ヘッドライトが印象的です。 そもそもXの文字はX-TRAIL(エクストレイル)を想起させ、発表時のプレスリリースにも『2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆しています』と明記するなど、匂わせまくり。特定の車種は示していませんが、次期エクストレイル/ローグの予告版というのは見た目からもわかります。 そしてこちらが4代目となる新型エクストレイル(ローグ 2021年モデル)。2台を並べてみると、なるほど全体のフォルムはクロスモーションの雰囲気が受け継がれているのがわかります。Vモーショングリルの形状も継承されたいっぽう、ブーメラン型ヘッドライトが上下2段の分割型へと変化していたりと、新型エクストレイル独自の新たな表現も加えられています。

コンセプトカーは大胆でわかりやすい、でも市販版ではもっと繊細に!

タフでワイルドな雰囲気を強調しているクロスモーションのリアビューは、ある意味「わかりやすい」デザイン。そのデザイン思想自体はフロント同様に市販版のエクストレイルへと上手く継承されています。 リアサイドから見ても、前後フェンダーの立体感やリアドア後ろの窓形状などは同じデザイン思想で描かれていることがわかります。見比べてみると、むしろ市販版の新型エクストレイルのほうが、繊細で凝った形状に練り上げられていることが、光の陰影などから伝わってきますね。

【関連記事】

最終更新:
MOTA