Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

わーすた「気持ちを置いていかないように」新たに走り出す5人の想い:インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 世界に照準を合わせ活動するデジタルネイティブ世代アイドルのわーすた(ざ・わーるど・すたんだーど)が8月12日、6thシングル「サンデー!サンシャイン!」をリリース。3月に自身初のベストアルバム「わーすた BEST」 をリリースし、結成5周年を迎え新たな一歩を踏み出したわーすた。新曲「サンデー!サンシャイン!」はわーすたらしさを打ち出しながらも、ブラスの音色が印象的な新しい夏ソングに仕上がった。インタビューでは、上半期を振り返りながら、「サンデー!サンシャイン!」の聴きどころや、6年目に突入した5人の今の想いに迫った。【取材=村上順一】

悔しい思いもあった上半期

――上半期でそれぞれ印象的だったことを教えてください。 廣川奈々聖 この半年間の中ですと、3月末にあった5周年結成ライブ『The World Standard~わーすた 5さいになりました!~ 』が一番大きなイベントでした。昨年のフリーライブを経ての渋谷公会堂で、ソールドアウトしていたので、自分たちのモチベーションも高まっていました。それが、コロナ禍による影響で無観客配信ライブになってしまいました。でも、そこで得たものもありました。ライブで発表する予定だったことを下半期は楽しみにしていたので、お知らせできないのは辛かったです。今は自分が予想していた未来とは違うので、かなり悔しい気持ちはあります。 ――どんなことを得たのでしょうか。 廣川奈々聖 ライブの2週間前くらいから、ライブは自粛した方が良いんじゃないか、と雰囲気になっていました。でも、自分の中ではお客さんを入れて開催する、その選択しかなかったんです。その中で無観客でも伝わるものがあることを知れたのは得たものでした。作っている過程はどちらも変わらない、そこに向けて作っていたものだったので、お客さんがいてもいなくても伝えられる自分たちになれたんじゃないかなと思いました。 小玉梨々華 私もこのライブは印象的でした。誰のせいでもないんですけど、思い通りにいかないことも多くて、モヤモヤしている感じもありました。その日にライブができたことも嬉しかったですし、結成から5周年を迎えた今だからこそ、届けたい、伝えられるライブになりました。それがいろんな場面で感じることができたんです。それで、後回しにせず、いま自分ができることを考えていくのが、大事だなと思いました。 坂元葉月 私もこのライブは、皆さんに生で観て欲しいと思っていたので、「無観客で配信でやります」と聞いた時は、悔しかったんです。でも、本番を迎えるにあたって気持ちを切り替えて、地方の方や海外の方など、本当だったら現地に来れなかった方に向けて、パフォーマンスできたのは嬉しかったです。いまは配信が多くなったことで、海外の方にも私たちの活動を見てもらえる機会が増えたし、今までだったら気がつかなかったことにも気づけたので、意味のある半年間だったんじゃないかなと思いました。 ――目の前にはお客さんはいませんでしたけど、気持ちは全世界に向いていたんですね。その中で客席に風船がお客さんの代わりに置いてあったのも、印象的でした。 坂元葉月 スタッフさんが用意してくれたんです。アンコールではサイリウムを用意してくれたり、すごく愛を感じました。たくさんの方の支えがあるからこのステージに立てているんだなということが体感できたので、無観客でしたけど、わーすたにとって大切なライブになりました。 三品瑠香 この半年間は動けなかった期間が長かったんですけど、私もみんなと同じですごく悔しかったんです。コロナがなかったら、この夏はすごく忙しい予定だったので、虚無感を感じてしまっていました。でも、何もできないことが私は嫌だったので、自粛期間は歌を歌ってネットに上げていました。それは、歌うことで、みんなが楽しんでくれて、自分のためにもなると思ったんです。 ――松田さんは上半期いかがでした? 松田美里 個人的なことなんですけど、この半年間でちょっと強くなれたんじゃないかと思いました。ライブが本来のやり方でできなかったり、みんなと同じようにもどかしい部分はあったんですけど、世界中のみんなが同じ状況だと思うと、強い気持ちを常に持たないとダメだと思いました。マイナスが多い中でポジティブな気持ちになることは、逆に奮い立たせてくれるものがあるなと思いました。今年の1月に成人式迎えたんですけど、その時に大人の自覚を持とうと思いました。なので、何か起きても大人だったらどうするのか、ポジティブでシンプルに考えられるようになったことで、気持ちが強くなったんじゃないかなと。 ――松田さんの理想の大人像はありますか。 松田美里 あります! 今の私とは真逆なんですけど絵に描いたようなキャリアウーマンみたいな大人になりたいんです。 廣川奈々聖 それ職業を変えなきゃダメじゃない(笑)。 松田美里 (笑)。大人なファッションや話し方も大人っぽくしたいなと、本気で思っているので、理想は高いんですけど頑張りたいです。 ――ちなみに三品さんは現在19歳ですが、理想の大人像はありますか。 三品瑠香 私は頼られる大人になりたいなと思っています。実はあまり人とコミュニケーションを取るのが上手くないんです…。なので、今よりも心が広い印象を持ってもらえる人になれたらと思っています。自分のことは自分でしっかりできる大人になりたいです。

【関連記事】