Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【賛否両論】日産フェアレディZ新型 感想をアメリカのファン/メディアに聞いてみた スープラと比べる声も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

日産Z、12年ぶりの刷新 米と中継

text:Kumiko Kato(加藤久美子) 日本時間9月16日午前9時半にスタートした新型日産フェアレディZの発表会は、今年で33回目の開催となる全米最大のユーザーイベント「ZCON2020」会場(テネシー州ナッシュビル)と中継をつないでおこなわれた。 【写真】ライバルはスープラ たしかに2台を並べると共通項も【比較】 (154枚) なぜ、アメリカなのか? それは、Zがアメリカ市場で1970年モデルの「ダットサン240Z」として販売が開始され、多数の熱狂的な「Z CAR」(ズィー・カー)ファンを生み出し、海外で最初に成功した日本製スポーツカーとしての地位を確立したからである。 そして今回の新型Zは、デザインやコンセプトなど随所に初代Zへのオマージュがあふれている。 アメリカのZCARオーナーやファンは、新型Zをどう思ったのか? 独自取材で話を聞いてみた。 まずは、Zの専門メディア「ZCarGuide.com」を運営するマーク・ライオンズ氏から。 ライオンズ氏はみずからZオーナーでありZCON 2020にも参加。会場からホットな情報を送ってきてくれた。

米のZ専門メディア運営者は大絶賛

「過去のアイコニックなZのデザインからインスピレーションを受けており、それによって作られたとても美しいデザインです」 「サイドのライン、エンブレム、ボンネットの隆起などみんな大好きな初代Zのシルエットそのままと言ってもいいですね」 「そしてリアのデザインは未来的でありながら、Z32(300ZX)のデザインがうまく融合されていいます」 「アメリカには多くの初代Zファンがいますが、多くはこの新しいデザインに気持ちが奮い立つでしょう」 「新型Zのデザインには初代Zの要素が多くみられつつも、必要不可欠であるモダンで未来的な要素も取り入れられています」 「過去のデザインを取り入れながらも古臭さを感じない。これからの日産デザインを象徴してます」 「そして何よりも魅力的なのはMT車の設定があること。事前に情報は出ていたがこれが発表された時、ZCON会場に集まったZオーナーたちは、みんな大興奮でした!」 「ヘッドライトを付けてクラクションを鳴らして祝っていたよ!」

【関連記事】