Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【新型コロナ】千葉県・森田知事、クラスター連続に危機感 浦安の病院で計16人感染 さらに114人検査

配信

千葉日報オンライン

 千葉県内の新型コロナウイルス新規感染者が12日、緊急事態宣言解除(5月25日)後最多の31人に上り、浦安市内の「タムス浦安病院」では13日までに、入院患者や看護師計16人のクラスター(感染者集団)が発生した。松戸市内の特別養護老人ホームでも11日に集団感染が確認されたばかり。いずれも重症者は出ていないが、13日の対策本部会議で森田健作知事は「残念ながらクラスターが続いた。初動が大事」と危機感を示し、感染拡大防止への対策徹底を指示した。  同病院では10日に20代看護師1人の感染が分かったことから、院内で接触のあった患者と同僚計17人を検査した結果、12日に9人(入院患者6人、看護師3人)の感染が判明。さらに、この9人と接触のあった84人の検査で、13日には6人の感染(入院患者2人、看護師3人、理学療法士1人)も判明した。  感染が判明した入院患者は60代~90代以上の高齢者。うち90代以上の男性1人は、県内の別の医療機関からリハビリのため転院し、7月2日に発熱や関節痛が出ていたという。現在は元の医療機関に戻った。浦安市の70代男性1人も酸素の投入が必要なため、県内の別病院に転院した。  12日までに判明した10人はいずれもリハビリ病棟だが、13日判明の90代以上女性1人は隣の病棟の入院患者で、理学療法士も両方の病棟を行き来していた。県はさらに他の患者と職員ら114人を検査している。同病院は199床。新規の入院受け入れを止めた。  県は感染症に詳しい職員や専門家を派遣し、区分けを進めている。国にもクラスター対策班の医師らを派遣した。13日に県庁で開いた対策本部会議で、森田知事は感染拡大を最小限に抑えるよう指示。同病院と松戸の特養の2事例を踏まえ、県は10日から県内の約280医療機関と約1650の福祉施設に対応チェックリストを配布している。  隣接する東京都でも12日まで連日200人超の感染が判明。10日に特措法に基づく県民への協力要請を行て、対策不十分な繁華街回避や発熱時の外出自粛を求めた森田知事は、さらに踏み込んだ「休業再要請」については、首都圏全体の状況と県内での接待を伴う飲食店でのクラスター発生が基準になると説明した。  森田知事は「打っている手が間に合わないと思えば再要請をする」とした一方で、店舗に休業を要請をする場合は補償も必要になると説明。「(財政面で)千葉県は限界に近い」と述べ、国の支援が必要だと強調した。  県境をまたぐ移動も引き続き制限はせず、都内へ行く場合はリスクの高い場所を避けるように改めて呼び掛けた。

【関連記事】