Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニキビを引き起こしているのは過剰なケア!? 専門家がスキンケアを解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

クリアな素肌を手に入れるために、私たちは毎日クレンジングから化粧水、美容液にスクラブまで、さまざまなスキンケアに時間を費やしている。けれど、実は知らず知らずのうちにそれらのアイテムを間違った方法で、繰り返し使っていることも。そんな「やり損」を防ぐために、今回はその道のプロである皮膚科医や美容家たちによる、スキンケアにまつわ落とし穴や知られざる裏技をお届け。この機会に自分のルーティンを見直してみて! 出典:GLAMOUR UK

ニキビの原因は間違った保湿にあり!?

もっともポピュラーなスキンケア習慣といえば、毎晩寝る前に化粧水を塗ること。けれど、皮膚科医によるとニキビができやすい肌質の人はこのステップを見直したほうがよさそう。乾燥肌の人にとっては化粧水は肌の潤いレベルを高めてくれる重要なアイテムだけど、オイリー肌の人にとっては毛穴を詰まらせる原因になりかねないのだとか。オイリー肌やニキビに悩む人には、化粧水の代わりに抗酸化剤が豊富に含まれた美容液がオススメ。毛穴を詰まらせることなく肌をキレイに、そして明るい印象に引き上げてくれる。

手抜きなのに、ファンデが綺麗に仕上がる裏技。

たいていの場合、朝起きたら洗顔、保湿をして、ファンデーションを塗る…… というステップを踏むことが多いはず。実は、このステップもひと工夫することで時短、かつより美しい仕上がりを叶える裏技があるのだとか。スキンケアの最高権威であるキャット・ビュルキ氏によると「化粧水とファンデーションは混ぜて使うほうがベター」だという。そうすることでくすみ知らずの、内側から輝く肌が叶うそう。

スキンケアで見落としがちな、重要パーツ。

肌にスキンケア用品をなじませるとき、多くの人は首まで伸ばして満足しているはず。だけど、セレブ御用達のフェイシャリスト、メラニー・グラントによるとスキンケアイテムはデコルテを通り越して“バストまで塗る”というのが基本! もし皮膚の薄い首や胸もとのケアを怠ると、年を重ねるにつれてたるみ、シワ、シミが表れやすくなってしまうので注意を。

【関連記事】