Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ナイツ塙宣之、第7世代に完敗宣言!?「敵わないですね、規格外じゃないですか」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 若手クリエイターに「成功へのきっかけ」を提供するプロジェクト「DRAW A LOT」がきのう開催され、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之(42)が講師として出演した。 【映像】ナイツ塙宣之、ABEMA独占インタビュー  M-1グランプリでは2008年から3年連続で決勝戦に進出し、一昨年と昨年は審査員を務めた塙。挑戦していた当時を振り返り、「M1グランプリで始めて決勝いったときは死ぬほど緊張しましたね。ただM-1グランプリが、3年決勝に行って終わって出られなくなった時に、一つ楽になった」と、2001年から毎年開催されていたM-1グランプリが2010年で一度終了した際に、気が楽になったと話した。「なんでこんな大会にいちいちこんな緊張していたんだって、一個自分が優位になったら、何かすごくやりやすくなった」と心境の変化を明かした。  プレイヤーと審査員、両方の立場を知る塙だが、「どちらの方が緊張感があったか」と問われると、「やっぱりプレイヤーですね。500倍ぐらいプレイヤーですね」「(審査員の緊張感は)全然ですね」と即答していた。  また、今勢いに乗る第7世代については「敵わないですね。規格外じゃないですか」と話す。「フワちゃんに勝てる人っているんですかね。一番強いんじゃないかと思いますね。霜降り明星とかね。バランスがすごくいいじゃないですか。漫才もできるし、ピン芸もできるし、ギャンブルもできるし、イジられるし、イジるのもできるし」と、第一線で活躍する若手を絶賛した。  一方で、先月からニッポン放送で新番組『ナイツ ザ・ラジオショー』がスタートしているほか、『ビバリー昼ズ』(ニッポン放送)、『ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)でもパーソナリティを務めているナイツ。「ラジオはめちゃくちゃやっているんですよ。これはだから第7世代とかよりは全然すごいとは思いますけれどね」と自信を見せた。 (ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

【関連記事】