Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

さっぱり元気がなくなった「あさイチ」 “意外な敵”も出現し「エール」再開後も苦戦か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 コロナ禍で6月末から朝ドラ「エール」(NHK)の本放送が休止されているが、この間、後番組の「あさイチ」が絶不調という。それまで12%ほどだった視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)は、7%前後に。なにせ“朝ドラ受け”が番組の名物だっただけに、やむを得まい。だが、理由はそれだけではないようで……。 【動画】「近江友里恵」アナに15歳年の差婚を直撃  ***

 民放プロデューサーが語る。 「朝ドラ『エール』は強かった。5月に入ると、3月に亡くなった志村けんさんが登場し、視聴率は20%超を堅持した。19日には番組最高の22・1%を記録するなど、絶好調で、後を受ける『あさイチ』も12~13%と安定していました」  ところが、 「朝ドラ放送休止前の最後の放送(6月26日)の後、『あさイチ』は13・3%を記録していました。しかし、6月29日から『エール』が再放送になると、視聴率は徐々に落ちていきました。同時に『あさイチ』の数字も落ちていったんです」

半分に急降下

 現在、「エール」の視聴率は13~14%程度。一方、『あさイチ』はといえば、 「8月24日(月)は6・6%、25日(火)は7・3%、26日(水)は7・0%、27日(木)は8・0%です。8月6日には番組史上最低の5・9%と、コロナ前の半分になってしまいました」  やはり、朝ドラあっての「あさイチ」だったということか。 「まず考えられるのはそこでしょう。『エール』が再放送となって、20%超の視聴率は13%程度となり、そこから流入してくる視聴者は減りましたから。ただし、『エール』の再放送直後は、まだ視聴習慣が残っていました。6月29日の『あさイチ』は9・0%、30日は10・3%も取れていたのです」(同)  ひょっとして、デイリー新潮が報じた近江友里恵アナの結婚報道も視聴率低下の原因か? 

テレ東からも奪われた

「彼女のファン層であるM3層(50歳以上の男性)は、結婚報道にショックを受けたかもしれませんが、報道自体は5月でしたからね。それよりも、同じ時間帯の民放が力を入れたためだと思います」(同) 「あさイチ」のライバルといえば、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)だ。「モーニングショー」は、19年度(19年4月~今年3月)の年間平均視聴率が9・6%となり、それまで同時間帯でトップだった「あさイチ」を追い抜いた。 「コロナ禍で“コロナショー”番組と化した『モーニングショー』が大化けしました。また、テレ朝のみならず、低視聴率が話題だった立川志らくの『グッとラック!』(TBS)も辛坊治郎さんや橋下徹さんをゲストに呼ぶことで面白くなり、2%前半だった視聴率が3%後半を取るようになった。『スッキリ』(日本テレビ)も、ガールズグループプロジェクト“Nizi Project”を定期的に放送したことで数字を上げた。さらにテレビ東京の韓流ドラマ『トンイ』が、『あさイチ』の主要視聴者であるF3層(50歳以上の女性)の心を鷲づかみにしているようです」  現在、史上最悪の日韓関係であっても、韓流ファンには全く関係ないようだ。 「コロナ禍の巣ごもりで、Netflixの『梨泰院クラス』や『愛の不時着』が話題となりましたが、韓流ブームの再来は確実に近づいていると思います。それが7月にスタートした『トンイ』にも波及したのだと思います(同)  テレ東がNHKに影響を与えるとは……。 「もちろん、『あさイチ』にも問題はあった。スタッフにコロナ感染者が出て、8月10日から1週間、放送できないという不運はありましたが、それ以前から過去の放送の焼き直しを連発でした。ちょっとは生を混ぜるなどして新しく見せる工夫を見せるならともかく、冒頭でお断りを入れるものだから、視聴意欲も薄れていったと思います」(同)  そして、身内から思わぬ仕打ちも……。

【関連記事】