Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【J1広島】“サンフレッチェの点取屋”レアンドロ・ペレイラが語る今後の展望。「ゴールを決めることが自分の仕事」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 持ち味である堅守に綻びが見られるなど、7月上旬以降は“らしくない”戦いが続いたサンフレッチェ。チーム状態と比例するように、ゴールを量産していたレアンドロ・ペレイラの状態も下降した。 【写真】次世代のサンフレッチェを担う“背番号8”の素顔  しかし、横浜FM戦で久しぶりにゴールを奪うと、続く仙台戦でもゴールネットを揺らすことに成功。チーム再浮上の鍵を握るストライカーが、浮き沈みが見られたシーズン序盤戦を振り返る。 ◆サンフレッチェは交代選手であってもレベルが高い ─ 柏好文選手の負傷欠場や過密日程の影響で、選手の入れ替えも多く見られました。そのあたりに関してはいかがですか? 「もちろん、選手が次々に変わるという状況は理想ではないのかもしれません。同じ選手でやった方が、より選手の特徴を把握できる部分もあると思います。ただ、今シーズンはそんなことを言っていられるような状況ではないですし、サンフレッチェは交代選手であってもレベルが高いので、それほど大きな問題だとは思っていません」 ─ G大阪戦で今季初めてボール支配率が相手チームを上回りました。試合には敗れましたが、手応えを感じる試合内容だったのではないでしょうか。 「そうですね。自分たちにとって良いレッスンと言いますか、そういう試合ができたことでその道を進んで行けば良いという指針となる試合になったと思います」 ─ 良いものが見えた中で、名古屋戦は新型コロナの影響で急遽中止となりました。 「自分としてはポジティブに捉えました。自分の疲労度というところと、コロナ問題の中で『試合をやっていたらどうなっていたか』という不安もあったので、ネガティブに捉えることはなかったです」

◆『試合のコントロール』が今後の課題 ─ 今季、ご自身の中で納得できたプレー、印象に残っているプレーはありますか? 「やはりゴールを決めることが自分の仕事だと思っているので、ゴールを決めることができた試合は満足ではないですけど、ある程度のやりきった感はあります。逆に課題として残ったのが、やはりポゼッションの部分ですね。大半の試合で相手にボールを持たれているので、そこはもう少し上げたいと思います。あとは自分たちがボールを持つだけではなく、相手陣内でサッカーをしなければいけません。私がいつも言う『試合のコントロール』が今後の課題になると思います」 ─ 今後、チームが巻き返すために必要になるものは何でしょうか? 「試合に勝つことです(笑)。個人的には得点王というものを今季の目標に掲げていますので、その目標に向かって努力を重ねていきたいと思っています」 ─ 大変なシーズンとなってしまいましたが、サポーターにも一言お願いします。 「なかなかスタジアムに来られないと思うんですが、みなさんの声援はいつも届いています。また戻ってこられるような状態になったときは、ぜひ後押ししていただきたいと思っています。そして自分たちはピッチ上で全力を尽くして、みなさんに喜びを与えられるような試合をしたいと思っています」 ─ ペレイラ選手自身としては、どのようなところを見てほしいですか。 「『ここを見てくれ』という意識はあまりなく、サポーターからのサポートを感じたときに、自分は力を発揮することができます。たくさんの応援が力になりますので、これからもサポートをよろしくお願いします」

【関連記事】