Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有森也実「いつでもお嫁に行けるのに」今も独身の理由は…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 有森也実(52)は最近、独り身になった。といっても、離婚したわけではない。その点では、ずっと身軽なままだ。デビュー以来所属した芸能事務所を退所し、独立を遂げたのだ。 【写真】有森也実(20歳のころ)  そんな彼女の人生の節目に、つねに立ち会ってきたのが、東京・池尻大橋にあるイタリアンキッチン&バー「Oti(オッティ)」。 「高校の同級生を通じて知り合ったマスターの伊藤さんとは、もう30年以上のつき合いになります。彼の勤め先が変わるたびに、追っかけて。13年前にこの店を開業した伊藤さんの作るパスタは、独創的でパンチがある。旬の素材をふんだんに使うのでヘルシー」  有森の芸能人生に寄り添い、彼女が40歳の節目を迎える年に、先に独立した店主の伊藤義人さん。そして、大ベテランの域に達しながら、有森も新たな挑戦に乗り出した。 「もともとは、『mc Sister』(現ハースト婦人画報社)の専属モデル募集に、中3で応募したのがデビューのきっかけです。どっちかというと、『大好きな雑誌の編集部を見てみたい』という気持ちが強かった。  それまで5歳で始めたバレエをずっと続けていたけど、中3になるとみんな進路のこととか考えるし、私もほかの世界を知りたくなったんです」 『mc Sister』は、『Olive』(マガジンハウス)と並ぶ、当時のティーン向けファッション誌の代表格。専属モデルから、川原亜矢子や高岡早紀、黒谷友香ら多くの女優を輩出した。有森と同時期に誌面を飾ったのは、今井美樹や安田成美といった、同誌の黄金期の面々だった。 「ほかにもRIKACOちゃんたちがいて、表紙や巻頭ページを飾る一方、私はその妹分という感じで、美容ページとかに地味に登場みたいな(笑)。そして、スペースクラフトという事務所に入ったんです。そこの社長が、『有森は背も高くないし、スタイルもモデル向きではない』と、女優へと導いてくれました」  以降、高校に通いながらオーディションを受け、テレビドラマに出演する日々を送った。そして、18歳を前にして転機が訪れる。1986年公開の山田洋次監督の大作『キネマの天地』のヒロインに大抜擢されたのだ。 「西田敏行さん主演の『泣いてたまるか』というドラマに出演した際、演出をされた栗山富夫監督が山田監督のお弟子さんで、私を推薦してくださったんです」  オーディション会場の松竹の応接室には、プロデューサーの野村芳太郎ら首脳陣が居並び、「『本当に、この子でいいんだね?』と、切羽詰まった感じが伝わった」と有森は回想する。 「なんにもできない、ただ若いだけの女優。手取り足取りで山田監督もひと苦労だったと思います。演技指導をしていただくうち、次第に何もおっしゃらなくなり……。『本を読んでこなくていい。よけいなことは考えるな』と言われました。引出しも、まったくなしですから、いま思うと冷や汗もの」  それでも、どうにか大役を演じきり、同作で有森は第29回ブルーリボン賞新人賞、第10回日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた。『キネマの天地』は、長屋に住む元旅芸人の娘が父の反対を押し切って女優となり、大成する物語。有森は、それを地で行った。  その5年後、大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)で主人公をヒロインと奪い合う女性を演じ、国民的人気を得る。  同作は最高視聴率32.3%を記録し、放送日と時間帯から「月9」と呼ばれ、社会現象化した同枠の、人気の火付け役となる。小田和正による主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』は258万枚を売り上げた。  さらに2020年春、動画配信サイト(FOD、Amazonプライム・ビデオ)でリメイクされ、再び話題となった同作。だが有森は、さらりと語る。 「作品が生き残っているのは、ありがたいです。でも、令和版は、みんな洗練されていてナチュラル。連絡だって全部スマホのSNSで、すぐつながれるじゃないですか? 私たちは公衆電話にポケベルですからね(笑)。時代背景が異なるので、まったく別物だと思っています」

【関連記事】