Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐々木朗希選手には真っすぐを磨いてほしい【立浪和義の超野球論】

配信

週刊ベースボールONLINE

伸びしろを感じる

佐々木朗希選手には真っすぐを磨いてほしい【立浪和義の超野球論】

魅力はたっぷり。一軍登板は8月か

 ロッテの佐々木朗希選手が5月26日にシート打撃ながら160キロを連発しました。映像を見ただけですが、素晴らしかったですね。日本球界で160キロ以上をマークした投手自体も数えるほどしかいませんが、あのときのピッチングは目いっぱい投げたわけではなく、コントロールできていた真っすぐでした。伸びしろを感じましたね。  あのピッチングを見ると、少しでも早く実戦、それも一軍のゲームで見たい気がしますが、これはもう近くで見ている首脳陣の判断だと思います。実際、その後、「疲労が抜けづらくなっていたから」という判断で開幕二軍スタートが決まりました。まだルーキーですし、最初は、どうしても自分では分からず飛ばしてしまいがちです。故障をしてしまっては元も子もありませんから、よかったのではないかと思います。  近年の高卒新人の長身快速球投手となると、ダルビッシュ有選手(日本ハム。現カブス)、大谷翔平選手(日本ハム。現エンゼルス)に・・・

本文:1,087文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます