Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

暑い日のお供にぴったり ペットボトルはなぜ「500mlサイズ」で広まったのか

配信

アーバン ライフ メトロ

増える「飲みきりサイズ」

 東京のあちこちで見かける自動販売機は近年の進化が著しく、小銭を出さなくても電子マネーで買えるためとても便利です。JR東日本のエキナカにある自動販売機は、時間帯別の売り上げや購入場所などのPOSデータも収集しているそうで、まさに最先端の技術が詰まったものと言えるでしょう。 【アンケート結果】あなたはペットボトルのお茶系飲料を買うとき、何を重視しますか?  そんな自動販売機で売られているドリンクで最近、「飲みきりサイズ」が増えています。500mlのペットボトルは量が多すぎて、その場で一度に飲むには余ってしまうため、需要は高いのでしょう。  日本コカ・コーラ(渋谷区渋谷)はさらに一歩進んで、2020年からスーパーなどで流通するコカ・コーラのペットボトルを350mlと700mlのラインアップに切り替えています。ひとりで飲みきるときと、ふたりでわけて飲むときに適したのがこのサイズとのことです。

なぜ500mlが「飲料の標準」になったのか

 ここでふと頭に浮かんだのは、なぜ500mlが「飲料の標準」になったのかということです。  かつて缶が主流だった時代は、200mlサイズが多数派だったのにも関わらず……そのようなわけで、350ml缶が流通し始めた頃は「同じ値段なのにお得だ」と思った人も多いのではないでしょうか。  350ml缶はアメリカ発祥ということもあり、かつては「アメリカンサイズ」と呼ばれていました。  これは缶ビールから当初始まったもので、ビール大手のキリンホールディングス(中野区中野)のウェブサイトでは、アルコール飲料の缶が350mlと500mlになっている理由をこのように解説しています。

なぜかキープされた100円価格

 もともと日本の飲料缶の容量は200ml、250mlが主流で、缶の先進国であるアメリカは12、16オンス缶が主流でした。  その容量が決められた経緯は不明ですが、アメリカ製の製缶機が輸入され、次第にアメリカンサイズ缶が普及。現在の350ml、500ml缶は12、16オンスを切りがいい数値に変更されたといいます。  そしてこのサイズが次第に清涼飲料水に及び、1980年代後半から徐々に普及していきました。  ただ現在と異なるのは、それまで清涼飲料水の標準サイズだった250ml缶、350ml缶どちらも100円だったということです。  なぜなら、飲料メーカー各社はワンコインを止めると売り上げが落ちるのではないかと危惧していたからです。

【関連記事】