Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

団体解散からの再スタート 武藤敬司のDNAは生き続ける

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

W-1は活動停止も、河野真幸とアンディ・ウーが自主興行を開催「手ごたえを掴んだ」

 ネバーギブアップ! プロレスラーはあきらめない。  団体の解散で行き場を失ったレスラーが主宰興行を開催し、成功。さらに前進を誓っている。 【画像】武藤の遺伝子は後輩たちに脈々と受け継がれている【撮影:柴田惣一】  今年3月末に活動を停止したWRESTLE-1(W-1)。武藤敬司はじめ主だった選手たちは全日本プロレス、NOAHら新たな戦場を見つけ出し、レスラー人生を続けている。  大変なのは若手選手。まだまだ実績不足に加え、コロナ禍も重なり、試合出場のチャンスをなかなか得られない。何とか、オファーが届いても、不安定なスポット参戦。明日は見えないままだ。  そこで立ち上がったのが、河野真幸とアンディ・ウーだった。元W-1戦士の上がるリングを用意しようと奔走が始まった。8月23日、9月18日と、東京・新木場大会で自主興行を開催。2試合とも定員きっちりの観衆を集めた。  2人とも慣れない大会開催の準備で大忙し。河野がさまざまな交渉、アンディが営業活動と、役割を分担してのフル稼働だった。「これまで培ってきた人脈を頼って、できるだけのことをした。さまざまな苦労も、今となっては、何てことない。もちろん、まだまだだけど、先が見えてきたかな」と、河野は巨体を揺すった。 「手ごたえを掴んだ」というアンディ。すでに決まった10・11、10・23の新木場大会に加えて地方への進出プランもスタートさせている。  埼玉、栃木など関東地区、新潟、関西、九州……。各地で応援してくれる人たちが声をあげてくれている。「月に2、3試合のペースで続けたい」と、アンディの目がマスク越しに輝いた。 「何かは当日、会場まで来ないと分からないけど、とにかく面白いモノが見られる。皆さんにワクワクしてもらえたら」。発表するのは参戦選手のみ。試合の組み合わせは当日発表。しばらくは、このコンセプトでいくという。

「大変だけど、興行は魅力たっぷり。やり続ける」

 ひとつだけ、変更することがある。「河野真幸&アンディ・ウー自主興行」という大会名である。「長い。何とかしたい」と、声を揃える河野とアンディ。2人のSNSで募集を始めている。  団体の解散で、弱い立場の若手選手などが、そのままプロレス界から去ってしまうことも多いが、今回は河野とアンディの踏ん張りで「明るい未来」が見えてきた。 「いろんな業界の人たちが手弁当でサポートしてくれる。人と人の絆のありがたみを、改めて思い知った。皆さんに恩返ししたい」と河野。アンディも「大変だけど、興行は魅力たっぷり。やり続ける」とキッパリ。  プロレスラーは試合をしてナンボ。トレーニングも大事だが、トレーニングだけでは試合勘が薄れてしまう。まして伸び盛りの若手は特に試合に臨むことが重要だ。  今はまだ、実力も実績も経験も、何もかもが足りないが、ここから未来のスター選手が生まれるかもしれない。プロレスラーは試合に生き様が出る。今の苦労もきっとリング上に反映されるはず。  元W-1勢の今後に幸あれ。

柴田惣一

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT