Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

その現実は「甘くない」、問い合わせ1.5倍増のプログラミングスクール

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

コロナで改めて、プログラミングスクールが人気を集めている。 新型コロナウイルスの影響で「手に職をつけたい」というニーズの高まりから、プログラミングスクールの中には、問い合わせが前年比1.5倍に増えたスクールもある。 【全画像をみる】その現実は「甘くない」、問い合わせ1.5倍増のプログラミングスクール 一方でコロナショックによる雇用環境の悪化から、スクールの受講生からは「就きたい職を見つけるのは難しい」という声も聞かれる。 プログラミングスクールを取り巻く現状を探った。

「将来の不安」からの受講増える

マンツーマンのオンラインプログラミングスクール「侍エンジニア塾」は、コロナ禍で受講生を増やしている。 2020年4月の無料体験レッスンの受講者数は、前年4月と比べ149%、2020年5月も前年比145%だった。 プログラミングスクールの運営会社「侍」の木内翔大社長は、「コロナ前後で受講を検討する理由も変化した」と話す。 「コロナ前までは、受講の理由として『転職・独立したい』が最も多かったのですが、4月以降の受講生では『スキルを身につけたい』が最多になりました。『今の仕事に将来の不安がある』という理由も増えており、今すぐには転職できなくても、将来に備えてスキルを身に付けておきたいという方が多いです」(木内氏)

「転職コース」が人気

2014年の開校からの累計受講者が2万人を超える大手プログラミングスクール「テックキャンプ(旧TECH::CAMP、TECH::EXPERT)」も、オンライン講義への切り替えを進め、受講者を伸ばしている。 「2015年に転職先をあっせんするコースを設けてからは、転職コースの受講生は、年々倍増しています。エンジニア就職をしたい人に加え、2019年頃から副業のためプログラミングスキルの習得を考えている人も多くなってきました」 大手プログラミングスクールを運営するdiv取締役・新保麻粋(しんぼ・まいき)氏はそう話す。 新型コロナの影響で、4月には申し込み数が落ち込んだが、オンライン受講への切り替えも進み、7月にはコロナ禍前の水準に持ち直したという。

【関連記事】