Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【まとめ】『大人のお洒落コーデ集』 爽やか“ブルー”を男らしく着るには?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Safari Online

1年を通して人気の高いブルー。爽やかだし清潔感もあるし、好感度まで高いっていうイイことづくしの色。そんなブルーも、単なる爽やかってだけでは面白くないし、まわりとも差がつかないでしょ? だから、ココではそんなブルーをどう着こなしたらちょうどいい男らしさを出せるのかっていうことを解説!

〈Blue Style 01〉

淡青カモ柄ブルゾンに合わせ淡ブルーまとめで軽快に! “カモフラ柄”と聞くだけで、「もうお腹一杯」と拒否反応が出る人も少なくないと思う。それくらい好き嫌いが分かれる柄で、うまく使うのは難しいと思われがち。でもそれってきっと、いかにもミリタリーなカモフラのことなのでは!? 同じ柄でも主張控えめなデザイン、しかもブルーベースなら話は別。ワイルドなアメカジではなく、春の爽やかカジュアルにだって問題なく使える。で、せっかくの爽やかカモなのだから、黒デニムやヘンリーで男っぽくというよりは、軽やかなスタイリングに落としこむべき。そう、Tシャツは都会的なロゴT、デニムはライトブルーってな具合で。そうすると、上下がペイルトーンでまとまり、カモフラの強いキャラクターを生かしつつも、好感度の高そうなスタイルに仕上がる。全身淡色だとぼやけそうと心配なら、靴や小物は濃色で引き締めておくのがベター。あと、デニムをさりげに切りっぱなし加工のものにすると、カモフラのワイルドさとリンクして技アリな感じに! これこの春是非試してみて。

カモフラブルゾン14万円(ストーンアイランド)、Tシャツ1万1000円(アー・ペー・セー/アー・ペー・セー カスタマーサービス)、デニムパンツ3万9000円(マディソンブルー)、キャップ5000円(アーモンド/トライオン)、サングラス4万9000円(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)、スニーカー6万2000円(ゴールデン グース /ゴールデン グース 東京店)

〈Blue Style 02〉

ネイビーの色合いを統一したリラックスアイテムを選ぶ! いくらご近所とはいえ、いい大人がラフすぎる格好ではなんとも恥ずかしい。たとえば、カフェで読書をするなら、もちろん知的な雰囲気を漂わせてデキる男を印象付けるのがふさわしい。であれば、まず思いつくのがネイビー×白の鉄板カラーで品を出すこと。これをベースにすれば、まぁ~大きくハズすことはないから。ただ、品があるだけでは物足りないのもご存知かと。だから、合わせるアイテムを工夫してこなれ感を出すのが重要。で、作ったコーデがこちら。アウターはリラックス感を出すためにショールカラーのニット、そしてインのシャツは大人の余裕かつヌケを感じるバンドカラー。そんなヌケを生かすなら、Tシャツは爽やかな白に決定。そして、ボトムのデニムにはカジュアルながら貫禄のある濃いインディゴを選ぶ。これで、デニムの持つラフさもほどよく引き締まるはず。こんなふうに肩の力がふっと抜けるようなネイビーアイテムを選べば、ほら、必要な品格だけをキープして、ちょうどいいこなれ感が期待できるってもの。というわけで、このテクを上手に使えば、好感度が高いと評判になること間違いなし!?

【関連記事】