Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

過去から未来へ橋架ける仕事 途方もない根気と努力 山口美代子さんを悼む(下)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 「市川房枝の志を自分の志とする」と心に決めた山口美代子さんだが、市川の没後に残された膨大な資料群を初めて目にしたときは驚いた。  見てほしい資料があると言われて東京・代々木の婦選会館に行ったら「お風呂屋さんの脱衣かごのようなもの」がうずたかく積みあげられていた。それぞれにごく簡単な説明が書かれた荷札がついている。かごの中には、新聞紙に包まれたものが、ほこりにまみれて入っていた。これを整理するのは、体力勝負だと思ったという。  ■ボロボロと崩れる紙資料  本格的な作業開始は、国会図書館退職後の1995年から。週に3回、婦選会館の市川房枝記念会に通い、のちに協働者が加わるが、最初は1人で資料の山に向き合った。触っただけでボロボロと崩れてしまうような紙の資料もある。1枚ずつ注意深く広げる。いつのどんな書類か調べ、手書きでカードに記録する。  ガリ版刷りのチラシや著名人の書簡といった運動の思想につながる資料もあれば、活動費捻出のためのバザーの会計簿、原稿やメモ類を含む私文書もある。

 婦人参政権運動の関係だけでなく、広範囲の社会問題に関わる資料が含まれていた。例えば、同時代の女性団体の記録、紡績工場の視察記録、母子心中防止対策の請願といったものまで。  これらを市民運動、消費者運動、戦時下での国策協力、社会労働問題、海外の女性団体との交流といった内容別に分ける。実物を中性紙の封筒に移して保存する一方、全てをマイクロフィルムに記録していった。  10年の歳月を費やした。1918年から46年まで28万点の資料の中から8万点をマイクロフィルム化して、公開したのは2005年。「婦人参政関係史資料 内容細目一覧Ⅰ」全53リールが市川記念会から発行された。細目はパソコンで検索できるようにした。  ■よみがえる政治参加の運動  こうして、女性の政治参加の権利を求める運動がよみがえった。それは当時の社会情勢をも映す。女性問題の研究者はもちろん、歴史研究者からも昭和史資料の宝庫だと喜ばれた。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS