Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍の夏を楽しむレジャーを紹介 ソーシャルディスタンスの確保が重要に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

新型コロナウイルスの影響により、各地で花火大会の中止や海開きの中止が決定している。また、感染者数の拡大もあり、各自治体での対応が求められている。 そうした中、夏休みに入り、海外旅行はもちろん帰省や国内旅行すら慎重にならざるをえない状況の中、さまざまなレジャーが注目されている。 今回、AMPでは、この夏、コロナ禍においても夏を感じられるレジャーを紹介。概要は以下となる。 ・RVパーク ・キャニオニング ・ボートフィッシング ・ドライブインシアター

RVパーク

RVパークとは、キャンピングカーユーザーをはじめとする、車中泊旅行を楽しむ利用者に「より安全・安心・快適なくるま旅」を提供するもので、駐車場での車中泊を公認された施設のこと。 日本RV協会(JRVA)があり、同協会は、全国の道の駅や日帰り温泉施設、オートキャンプ場、湯YOUパークと連携し、今後日本各地にRVパークをオープン予定であるとしている。 日本RV協会は、RVパークの条件として、以下の条件を定めており、この条件を定めていない施設は、「RVパークライト」と呼ばれている。 ・ゆったりとした駐車スペースで、一週間くらいの滞在が可能であること ・24時間利用が可能なトイレ ・100V電源が使用可能 ・入浴施設が近隣にあることが望ましい ・ゴミ処理が可能 ・入退場制限が緩やか 事前に確認が必要

RVパークがコロナ禍においても楽しめる魅力は、車中泊であるという点。また、駐車スペースもしっかり確保されていることで、他の利用者とのソーシャルディスタンスの確保が容易である。 全国各地にパークはあり、日本RV協会は、キャンピングカーユーザーが安心して車中泊できる公認エリアが必要であると考え、RVパークの拡大を図っているとのことだ。

キャニオニング

続いて紹介するのは、アウトドアスポーツのトレッキング、クライミング、懸垂下降、カヌー、水泳、飛び込みなどの要素を用いて渓谷の中を目的のポイントまで下って行く、キャニオニング。 また、キャニオニングとは逆の渓谷を下流から上流に向けて探検するものをシャワークライミングがある。 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点により、県境をまたぐ移動は未だ好ましくないとされており、首都圏に在住している人は、地方になかなかいけない状況が続いているだろう。 こうした中で、キャニオニングは、全国に体験できる場所があり、夏の自然を感じられるレジャーとして注目されている。 東京都には、奥多摩や青梅などの都心を離れ、自然が多く感じられる地域で開催されており、非日常の体験を東京で感じることが可能であるという。

【関連記事】