Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

800円でこのボリューム! 『金曜日』(千葉県)で約2.6kgのデカ盛りカツカレーを食べてきた

配信

食楽web

 新型コロナウィルスの緊急事態宣言が解除され、遠出して外食も楽しめるようになってきた今日この頃。無性にカレーが食べたくなって向かったのが、千葉県長生郡長南町にあるデカ盛りで有名な『金曜日』。目当ては、名物のデカ盛り「カツカレー」です。

 茂原郊外ののどかな場所にあるこのお店。看板には“小料理”とも“喫茶”とも書かれてあります。要するに丼ぶりや定食から、ナポリタンなどの喫茶料理までが楽しめる「町の食堂」といった感じです。

 大きめのキッチンにカウンター席があり、入り口の右側にはお座敷のテーブル席があります。この昔ながらの風情が何とも居心地よく、これだけでも来た甲斐があったと思わせてくれます。

 こちらのランチはどれも800円。「焼肉丼」やら「鳥唐揚げチリソースとハムカツ」など、庶民的ながら一工夫加えたメニューがどれも美味しそうです。

 しかし今回の目的は「カツカレー」。セルフサービスの「生玉子」と「キムチ」をよそって準備完了。本題のデカ盛り「カツカレー」とは一体どんなものか、期待が高まります。では早速、ご覧いただきましょう!

デカ盛り「カツカレー」がおまけ付きで800円!?

 あっという間に、やってきました! 隣りの席からも「すごいッ!」という驚きの声が聞こえてくるてんこ盛り具合。2~3合炊き炊飯ジャーの御釜をそのままひっくり返したようなこんもりしたご飯の山に、カレーが溢れんばかりにかかっています。カツもこんなに小さく見える…。  実はお味噌汁も大きなお椀にたっぷり入っています。カレーに味噌汁の組み合わせがまたいい。昔ながらの家庭の味を思い出させてくれ、カレーの合間に味わう味噌汁がまた絶妙に合います。

 カレー皿の端にはキャベツやトマト、福神漬が一緒に乗っています。思った以上にキャベツが隠れていて、箸休めに食べるのにちょうどいい量です。

 まずはカレーがかかったカツをパクリッ。カリッとした食感に程よいスパイシーなカレーがよく合います。カレーはサラッとしていて誰もが食べやすい辛さ。家庭のカレーといった味わいで、どんどん食べ進めてしまいます。

【関連記事】