Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

町山智浩氏「僕も黒色スプレーをかけられた」 黒人差別への抗議行動に紛れて略奪・破壊を繰り返すアンティファ、ブラック・ブロックとは

配信

ABEMA TIMES

 複数の都市でスーパーや商店が襲撃・略奪されるなど、全米各地に暴動や混乱が広がっている。ミネソタ州で白人警官が偽札を使おうとした黒人男性・ジョージ・フロイドさんの首を膝で押さえつけ死亡させた事件への抗議活動が、当初とは異なる様相を呈しているのだ。ジャーナリストの堀潤氏は「“黒人が悪い”という短絡的な議論になりがちで、メディア発信も問われている」と懸念を示す。 【映像】“アンティファ“ってどんな人たち? デモの実像  カリフォルニア州在住のコラムニスト・町山智浩氏が撮影した映像には、警官隊の目の前に跪き、黒人差別に抗議の声を上げる白人女性の姿があった一方、略奪を行い、警官隊と衝突する人たちの姿も収められている。

■「リーダーもいなければ、会員になるというようなこともない」

 1日の『ABEMA Prime』に出演した町山氏は「年齢や人種が完全に入り混じっているが、大きく分けて3種類の人たちがいる」と話す。  「一つ目は“プロテスター”(protesters)と呼ばれる、黒人への暴力に抗議する人たちで、僕の映像に出てくる、警察に訴えかけている女性がそうだ。多くはプラカードを持ち、警察署に行って意思を伝えようとしている。二つ目が“ルーター”(looters)と呼ばれる、略奪すること自体が目的の人たちだ。はっきりした政治的主張があるわけではないし、警察署ではなく商店などに行く。例えばオークランドではスーパーや家電量販店が襲われたが、むしろ略奪を止めようとしたのは黒人たちだったようだ。そして三つ目が“ヴァンダリズム”(vandalism)といわれる、破壊しに来る人たちだ。商店から物を奪う、銀行でお金を奪うというよりも、連邦政府の建物やスターバックスなどのグローバル企業、その店舗を襲撃する。そもそもアメリカではワールドシリーズやスーパーボウルなどの大きいスポーツの試合、あるいは政治的なデモが行われる時に現れて、略奪や破壊をし、街をめちゃくちゃにしたり、警官に石を投げたりして、状況をカオスにしようとする」。

【関連記事】