Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ予防策が招いた大問題「違う病気で死亡者数が増加する」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

「いのちを守る STAY HOME週間」の今。外出自粛がとにかく叫ばれているものの、コロナ感染予防策がもたらす「思わぬ弊害」を知っているだろうか。帝京大学大学院公衆衛生学研究科の教授・高橋謙造氏が解説する。※「医師×お金」の総特集。 GGO For Doctor はコチラ

コロナ感染予防策でおざなりになる「ワクチン接種」

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が世界中の人々の予防接種に影響をもたらしている。 ヒト同士の物理的距離をあけることが感染予防につながるため、子どもへの接種を延期したり(途上国での予防接種キャンペーンの延期も含む)、物流の停滞でワクチンの運搬が困難な国も出始めている。ユニセフは、麻しんワクチン接種を逃す子どもが世界37ヵ国で1億1,700万人と推計している(2020年4月14日The Measles & Rubella Initiative)。 特にアフガニスタン、コンゴ共和国、ソマリア、フィリピン、シリア、南スーダンでは、麻しん、コレラ、ポリオ対策にさらにCOVID-19の感染拡大阻止が加わり、何に重きを置くか苦渋の選択が迫られている。予防接種に関する戦略諮問委員会(Strategic Advisory Group of Experts on Immunization:SAGE)や世界ポリオ根絶推進活動(Global Polio Eradication Initiative:GPEI)は、予防接種キャンペーンを一時中止・延期する方針を表明した。 現在でも、アフガニスタンとパキスタンでは、野生株のポリオウイルスが急増している。アフリカでは、経口ポリオ生ワクチン接種児からのワクチンウイルス伝播による感染拡大が問題になっている。 いずれの地域とも、ワクチンの中断により、麻痺性ポリオが増加する。やがては、近隣のポリオ排除国へと流出することが危惧されているのだ。 麻しんは、近年、欧州や米国でも大流行が起きている。エボラウイルス感染症が流行したコンゴ共和国では、ワクチン接種率の低下により、エボラウイルス感染症をはるかに凌ぐ数の麻しん患者が発生した。今後、全世界でワクチン接種の停滞により、麻しんの大流行が起きることが懸念されている。 ポリオ、麻しんに限らず、今後は世界規模で、ワクチンで予防可能な感染症(Vaccine Preventable Disease: VPD)が再流行し、患者と死亡者が増加すると予想される。これはCOVID-19の流行が収まったあとも遷延すると考えられる。

【関連記事】