Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<あつまれ どうぶつの森>社会現象で思い出すかつてのDSブーム ゲーム機離れ食い止められるか

配信

MANTANWEB

 島でのスローライフを楽しむニンテンドースイッチ向けゲーム「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」(任天堂)。オンラインによって顔を合わせなくても他のプレーヤーと遊べるシステムが、コロナ禍で起きた「ステイホーム」の状況とマッチしたこともあり、発売から6週間で全世界1341万本の大ヒットを記録した。一方で、“あつ森後”のユーザーの動向には、これまでと異なる動きが見えるという。それはかつての“DSブーム”をほうふつさせるものだった。 【写真特集】キュートすぎるマリオ女子のコスプレ

 「あつ森」は、プレーヤーが、どうぶつたちが暮らす村での釣りや虫取り、どうぶつとのコミュニケーションを気ままに楽しむ人気シリーズ「どうぶつの森」のニンテンドースイッチ向け新作として、3月20日に発売された。従来の「村」から、手つかずの「無人島」に舞台を移し、必要なものを自作していくことで、気ままに島を発展させていく。人の島を訪れることもできるため、“巣ごもり”で難しくなっていたコミュニケーションの一環として活用するユーザーが続出。また、服や家具などの柄を自分で作成することも可能で、米メトロポリタン美術館などが所蔵作品の一部をデザインとしてゲーム中で使えるようにするなど、さまざまな広がりを見せている。

 自分の島をSNSなどで披露する動きも盛んで、有名人が自分の島を公開したり、人気ユーチューバーがYouTubeで遊んでいる様子を公開したりと、大きく盛り上がりを見せたことで、情報番組などで特集が組まれることも多く,社会現象として人気はさらに加速。スイッチ本体は現在も深刻な品不足状態に陥っている。

 しかし、これまでと異なる動きも出てきている。複数の関係者は「他のタイトルの売り上げに影響が出た」と明かす。2018年12月の発売以来、スイッチの売り上げを長期にわたって支えていた人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(任天堂)や、5月に発売された名作RPGのリメーク「ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション」(同)といった従来のゲーマー向けタイトルは、想定ほどの売り上げに至らなかったという。

【関連記事】