Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“家事の時給”は女性1470円、男性1850円ってどういうこと!? 家事のお値段を「見える化」したら…

配信

LIMO

もらえる、もらえないは別として、「“家事”は時給にするといくらぐらいなのか?」を知りたい…と思う主婦は多いものです。日々の自分の労働の価値、対価を知ることで、家事へのモチベーションを上げたい、と思うのは当然のこと。 そこで実際に家事を時給に換算してみると…さて、あなたはこの結果に納得できますか?  それとも…。

女性の家事の時給は「約1470円」

平成30年12月に公表(令和元年6月17日訂正)された内閣府 経済社会総合研究所 国民経済計算部による「男女別の家事活動の貨幣評価」(※1)で見てみると、女性が家事に費やす時間は年間で1313時間となっています。さらに、女性の1年間の家事活動の貨幣評価額は193万5千円。これを時給換算すると、約1470円になります。 ちなみに、男性が家事に費やす時間は年間で275時間。家事活動の貨幣評価額は50万8千円なので、時給に換算すると、なんと約1850円。つまり、男性のほうが家事の時給が高い! という結果になるのです。 「え?  女性のほうがいっぱい家事を頑張っているはずなのに、なんで時給が安いの?」と腹立たしい気持ちになるのはよくわかります。実はこれにはからくりがあり、内閣府は家事の時給を「機会費用法」を使用して算出しているからです。 機会費用法とは簡単に言うと、「外で働くことで得られる予定だった1時間当たりの賃金」を家事の時給とみなしている…ということ。つまり、時給に「何をしたのか」が反映されるのではなく「誰がしたのか」が反映されている…というわけなんですね。 それはこの先、女性が外で働くときの平均賃金がアップすれば、当然家事も「昇給」する、ということです。

家事代行サービスの料金に当てはめてみたら…

実際に時給として見てみると、「やっぱり! 家事って結構高いんだ」とよろこんだのもつかの間、機会費用法にがっかり…という方も多いはず。 「たまに食事を作ってくれたと思っても、台所はぐっちゃぐちゃで目も当てられない惨状。ちょっと買い物のあいだ子供を見ておいて、と頼んでもYouTubeに子守をさせて自分は高いびき…。そんな夫のほうが家事の時給が高いなんて考えられない!」と、この結果を見た筆者の知人は立腹していました。 では、別の計算方法として、家事代行サービスの料金を家事にそのまま当てはめてみましょう。家事代行サービス「ベアーズ」によると、料理代行のスポットサービスは1回3時間で交通費・税込み1万4117円(※2)。交通費を抜いても、料理だけで時給4400円です。主婦の日常的な感覚からすると、多くの方が即座に「高い!」と感じるのではないでしょうか。 そもそも家事代行は、全くの他人に家事サービスを提供する仕事。その点主婦の家事は家族のためであるとともに、自分のためでもあるのですから、同じ土俵で考えること自体に無理がありそうです。 では、いったい「家事の時給」とは、いくらが適正なのか…?  いくら考えても正解はでてこないのではないでしょうか。なぜなら、家事に対する考え方や価値観は人それぞれ。また自分が認める“家事”レベルがどのぐらいなのかも人それぞれ。「最低限寝られる、食べられる程度でいいや」と思う人もいれば、「家族のために、料理も掃除も最高レベルで!」という人もいるはず。 そもそも「家事の時給」というのは、曖昧模糊としていて、どんな方法で算出しても「それくらいだろうな」という納得感には至らないのかもしれません。 それにもかかわらず、なぜ「家事を時給に換算する」というある種不毛ともいえる作業の結果が気になるのか? といえば… それは、主婦が「やりがいを感じたいから」。 もはや毎日のルーティーンとなっている家事、自分自身も「やって当たり前」と思っていながらも、家族に家事の大変さを理解してもらいたい。何より自分自身が「これだけ自分は価値のある『労働』をしているのだ」ということを実感したい…。金額云々ではなく、それが本心なのではないでしょうか。

【関連記事】

最終更新:
LIMO