Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米モデルナ株急反落-ワクチン候補の治験結果巡る高揚感が後退

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米バイオテクノロジー会社モデルナの株価が19日の米株式市場で、最高値を更新した前日から急反落した。新型コロナウイルスワクチン候補の小規模治験から得られた初期データや18日遅くに発表された13億ドル(約1400億円)規模の株式売り出しが株価に織り込まれた。

モデルナの株価は18日、治験の初期データに関する同社の発表を受けて上昇し、米株式相場を押し上げた。治験はワクチンの安全性を確認する狙いがあったが、この点で成功した。抗体の質を評価する分析では8人のデータしか得られなかったが、全員について試験管内でウイルスを中和できる抗体が見られた。より広範な試験でもウイルス防御の効果があると考えられる有望なサインと言える。

18日に株価が20%高の80ドルで引けた後にモデルナは1株76ドルで1760万株を売り出すと発表。19日の終値は10%安の71.67ドル。医療関連ニュースサイトSTATの報道を受けて、同社の株価が徐々に下げ始め、米株式相場を押し下げた。

米モデルナ、株式売り出し価格は76ドル-最大1400億円集める見通し

STATはモデルナがワクチン候補について一部の重要な情報を公表していないと報じた。このワクチン候補に関しモデルナと連携する米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)が発表文を出していないことに言及したほか、結論を出す前に同社からの追加データを待っているとする専門家の話を引用した。

BMOキャピタル・マーケッツのアナリスト、ジョージ・ファーマー氏はモデルナのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン候補「mRNA-1273」について、「ヒトの新型コロナ感染を実際に防御するかどうかはまだ分からない」と語った。モデルナもこのワクチンについて利益を確保する方法について説明していない。

原題:Moderna Falls From Record as Euphoria of Vaccine Data Wears Off、Moderna Extends Drop After Negative Stat Report on Vaccine Data(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Nic Querolo

【関連記事】