Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<東京03角田晃広>旧知の堺雅人と「半沢直樹」共演は「本当に光栄」 “伊佐山”市川猿之助との“メガネずらし”裏話も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 毎回、高視聴率を記録している俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)で、東京中央銀行・証券営業部の三木重行を好演したお笑いトリオ「東京03」の角田晃広さん。実は、堺さんは東京03のライブに足を運んでいたといい、「まさか『半沢直樹』で共演させていただけるなんて、本当に光栄なことでした」と喜びをかみ締める角田さんに、ドラマに出演した感想や撮影の裏話を聞いた。 【写真特集】“三木”角田晃広の雄姿! メガネずらし&お茶こぼしシーン振り返り! 貴重な“曾根崎”佃典彦とのツーショットも!

 ◇堺雅人は「完璧」 撮影では…

 原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ。2013年7~9月に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。最終回に42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録。同年の「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」では、半沢の名ぜりふ「倍返し」が年間大賞を受賞した。7年ぶりの続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。

 前作の大ファンだったという角田さんは、続編のオファーが来たときについて「『は? えっ?』って、本当にびっくりしました。(続編を)楽しんで見る準備をしていたぐらいです(笑い)」と振り返る。

 撮影現場に足を踏み入れたときは「ただでさえ、緊張する撮影現場だと思うのですが、僕は『あの半沢に出られるんだ』って、自ら緊張を高めてしまいました」と苦笑い。堺さんとの共演については「(撮影の合間は)すごく和やかなのですが、スイッチが入るとミスがない。本当に完璧な方です」と語った。

 ◇反響で「半沢直樹」の影響力実感 “伊佐山”猿之助のシーンでは…

 角田さんが演じた三木は、半沢と同じく東京中央銀行の出向組で、東京セントラル証券の営業企画部に所属していた。“仕事のできない男”と陰で軽視されていたが、同行・証券営業部部長の伊佐山泰二(市川猿之助さん)との裏取引で、念願かなって銀行へと戻った。しかし、銀行に戻ってからは伊佐山に冷遇され、煮え湯を飲まされたことから、伊佐山の重要資料を盗み出すなど、半沢に協力した。

【関連記事】