Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AKSがグループの体制刷新を発表 NGT48の騒動、教訓とできるか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 アイドルグループ・AKB48、HKT48、NGT48の運営会社であるAKSが20日、3グループのマネジメント会社変更を発表した。同社の公式サイトでは「経営・運営体制の強化、効率化を目的に直営の48グループを独立化させ、新会社にて運営することを決定いたしました」と、今回の体制変更の理由を説明している。

活動開始から15年目の大幅な体制変更

 発表によると、株式会社AKB(仮)が4月に設立予定で、代表取締役に内村和樹氏。株式会社HKT(仮)は3月設立予定で、代表取締役に前田治昌氏。株式会社NGT(仮)も3月設立予定で、代表取締役に岡田剛氏となっている。また、AKSは社名を「Vernalossom(ヴァーナロッサム)」に変更し、今後は48グループのマネージメント業務は行わず、新規事業を行っていく予定。代表取締役社長はAKSの100%株主の吉成夏子氏が就任の予定という。  同サイトでは「AKB48は秋葉原を拠点とし2005年12月8日の活動開始から15年目を迎え、姉妹グループであり活動開始から9年目を迎える博多を拠点とするHKT48、活動開始から5年目を迎える新潟を拠点とするNGT48と共に、皆様に支えられ今日まで活動してまいりました。多くのファンの皆様、協力企業の皆様、関係者の皆様、そしてメンバーの皆様に深くお礼を申し上げます。令和、そして2020年という新たな時代を迎えるなか、社員一同新たな気持ちで、より一層業務に邁進する所存でございます。今後とも48グループにご支援、ご指導を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます」とコメントを発表している。

各グループの運営独立でリスク分散も

 AKSは、2005年12月のAKB48劇場創設からまもない翌06年1月に設立。AKB48のメンバーのマネージメントは当初、株式会社office48に委託する形をとっていたが、AKSを設立することでグループ運営や管理業務をAKSに移管した。AKB48、HKT48、NGT48の3グループのオーディションに合格するとまずはAKS所属となり、その後メンバーによっては他の大手芸能プロダクションなどへ移籍するというパターンも生まれた。  そのAKSが社名も変更し国内の48グループ運営から撤退することとなったわけだが、48グループといえば昨年のNGT48の一連の騒動で全体がイメージダウンしてしまった感は否めない。会見などにおけるAKSの対応にも失策として批判が集中する形となった。今回の体制変更によって各グループの運営が独立することになり、危機管理上のリスクも分散できる。新体制となる48グループは、NGT48での失策を教訓とできるのか。 (文・志和浩司)

【関連記事】