Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

為末大の試行錯誤。五輪の悔しさを糧に トップレベルを生き抜いた戦略

配信

webスポルティーバ

PLAYBACK! オリンピック名勝負―――蘇る記憶 第28回 スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典・オリンピック。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あの時の名シーン、名勝負を振り返ります。 【写真】東京五輪にも必ず出てほしい! 世界陸上の美女アスリート10選 ◆ ◆ ◆  為末大にとって、2004年アテネ五輪は強い想いが懸かった大会だった。  陸上男子400mハードルで五輪初出場を果たしたのは、00年シドニー五輪。当時、大学4年生だった。  中学時代から記録を連発して注目されていた為末は、高校3年生で出場した96年世界ジュニアの400mで46秒03と当時の日本ジュニア新記録を出し、4位という結果を残した。だが、そのレースで「身長170cmの自分は世界で戦えない」と感じ、400mハードルへの挑戦を決意。その3週間後の国体では初挑戦だったにもかかわらず、同年日本ランキング5位、世界ジュニア歴代5位となる49秒09を出して、能力の高さを見せつけた。  当時の男子400mハードルは、90年代前半から斎藤嘉彦や苅部俊二が海外レースに挑戦してレベルを引き上げていた。95年世界選手権では、予選で48秒37の当時のアジア新記録を出した山崎一彦が、決勝進出を果たして7位になり、「世界に通用する種目」として期待を集めた。

そうした流れのなか、為末は00年に48秒47の日本学生新記録を出してシドニー五輪代表になった。そのシドニー五輪では、予選はカーブのきつい第1レーンだったが、5台目のハードルまでは自己記録を上回るペースで突っ込み、先頭でホームストレートに入ってきた。  それは、「初めての五輪で興奮して、頭が真っ白になっていた」状態での走りだった。最後の直線は強い向かい風が吹いていた。9台目のハードルでその風にあおられ、振り上げた足をハードルにぶつけてインフィールドに倒れ込んだ。そこから立ち上がってゴールしたが、結果は61秒81の最下位。  もし準決勝に進出し、自己ベストのタイムを記録できていれば、着順で決勝進出も果たせていたであろう。それだけに、なんとも残念な結末だった。 「あの時に悔しい思いをしたことは、ずっと覚えています。一応ゴールはしたけれども、しなかったのと同じようなものだから......。五輪という舞台でゴールできなかったのは、すごく悔しかった」  そんなふうに振り返るほど、為末にとってシドニー五輪は悪夢のような出来事だった。  だが、その悔しさがエネルギーになった。01年はヨーロッパを転戦して経験を積んだ。6月に日本選手権を初制覇。8月の世界選手権では、準決勝を全体の2番目となる48秒10の日本新で通過すると、決勝ではシドニー五輪銀メダルのアル・ソマイリー(サウジアラビア)に競り勝ち、47秒89と直前の日本新を更新して銅メダルを獲得した。

【関連記事】