Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本サッカー界期待のニュージェネレーション【後編】 ~日本サッカー界の次代を担う “01年組”のベスト11を選定!~

配信

高校サッカードットコム

 昨年6月に弱冠18歳で、世界有数のメガクラブであるレアル・マドリッド(スペイン)に移籍した久保建英を筆頭に、2001年度生まれの選手たちは粒ぞろいだ。 【フォトギャラリー】 ~日本サッカー界の次代を担う “01年組”のベスト11を選定!~  19年シーズンにJ1リーグデビューを飾った松岡大起(鳥栖)はスタメンに定着し、ここまで通算24試合に出場。同じく昨年の4月、当時、桐光学園(神奈川)の3年生だった西川潤もC大阪の特別指定選手としてJ1デビューを果たしている。  日本サッカー界にとどろく“黄金世代”や“プラチナ世代”に匹敵するであろう“久保世代”。無限の可能性を秘めた彼らの伸びしろが楽しみでならない。 そこで、さまざまな思いを込めて“01年組”のベスト11を選んでみる。システムは4-4-2を基調に考えた(選定にあたって、久保と同学年に絞ったことをあらかじめ記しておく)。  2トップは現在、レアルからマジョルカ(スペイン)にレンタル移籍中のエース格・久保と、超高校級ストライカーの肩書を引っ提げて鹿島入りした染野唯月だ。  ともに最前線に張っているようなプレースタイルではなく、ひとりが引いたら、もうひとりがスペースに出ていくといった流動性のある2トップがイメージできるだろう。シュートの発想の豊かさや技術の高さはもちろん、ポストワークにも秀でる染野が前で、久保がやや下がった位置からスタートする縦関係がしっくりくる。  右サイドハーフは左利きの西川だ。昨年、U-20ワールドカップ(ポーランド)とU-17ワールドカップ(ブラジル)に出場し、多くの国際経験を積んだ。スペイン国内ではレアルと双璧をなすバルセロナがひそかに獲得リストに挙げたとうわさされる有望株だ。 左サイドハーフは右利きの斉藤光毅(横浜FC)。カットインドリブルを持ち味のひとつにして、J2では通算31試合に出場、6得点をマーク。今季から自身初のJ1を戦う。西川同様、昨年のU-20ワールドカップでは飛び級で代表メンバーに選ばれていた。

【関連記事】