Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小野龍猛、かつての姿を取り戻し信州ブレイブウォリアーズを高みへ導く存在に「自分が主力で優勝するのが一番」

配信

バスケット・カウント

「自然が豊かで子供には環境的にもすごく良い」

文=丸山素行 写真=B.LEAGUE トヨタ自動車アルバルクに在籍していた小野龍猛は千葉ジェッツがbjリーグからNBLに参入したタイミングで千葉に移籍した。「自分が主力となってチームを強くする」。小野はその精神を貫き、千葉を現在の強豪へと押し上げた。そして、以前と変わらぬ思いを胸に信州ブレイブウォリアーズへ戦いの場を移した。 ──移籍のリリースから時間が経ちましたが、もう長野に引っ越されたのですか?  ちょうど昨日、引っ越してきました。 ──そうなんですね。ではまだ長野の良さはそこまで分かっていないですね。 そうですね、引っ越してきたばかりなのでまだ何も分からないです。ただ、自然が豊かで子供には環境的にもすごく良いと感じます。僕は生まれも育ちもずっと東京なので、自然に囲まれた暮らしはしたことがないんです。 ──オフはどのように過ごしていましたか?  昨年はファイナルが終わった翌日にトレーニングを開始していたと聞きましたが。 リモートでトレーニングをしたり、あとは公園を走ったりしていました。ボールは全然触ってないですね。 去年はやりすぎた感がありました。もちろん身体の動きは良くなったのですが、今までと違う感じがあって、なかなか結果に出なかったですね。必ずしも多くトレーニングすることが良いとは思わなくなったというか、自分に合ったトレーニングをしないとと思いました。 ──トレーニングの開始を早めたのは初めてだったのですか?  これまでは代表活動などがあったので、シーズンが終わってもバスケットはずっとやっていた感じです。ずっとトレーニングをしていたのは初めてかもしれないですね。 ──結果的に長期のオフとなりましたがトレーニング以外はどのように過ごしていましたか?  家でひたすら子供と遊んでましたよ(笑)。ウルトラマンとか仮面ライダーが好きなので戦いごっことか。他は特に何もしなかったです。休むのも仕事かなと。 ──では移籍についてですが、7シーズンを過ごした千葉を離れることで悩んだりはしなかったですか?  そこまで悩まなかったです。今までずっとやってきて、チーム的にも僕的にも合わない部分が多少なりとも出てきました。そこのズレもあって、他のところでもう一度やってみたいという思いはありました。 ──ズレというのは、個とチームがフィットしなくなってきたということですか?  それは少なからずあると思います。ケガをしてからリズムがつかめなくなったのと、今までやってきたことと少し違うことをチームがやるようになっていったので。ケガのせいではないと思うんですけど、フィットが難しくなったとは思いました。ポストプレーが必要なくなってきたとも感じましたし。

【関連記事】