Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

揚げ焼きで簡単!漫才コンビ・和牛が作る「半熟卵のカツ丼」【和牛キッチン 神回ちょい見せします】

配信

クックパッドニュース

累計視聴者数38万人超のクッキングLiveアプリ『cookpadLive』の人気番組「和牛キッチンー川西シェフと助手水田ー」が、ついにファン待望の書籍化決定! 全67回の配信の中から、特に漫才コンビ・和牛の魅力が詰まった神回を厳選して掲載しています。2020年6月20日(土)のレシピ本発売に先駆けて、本連載ではその中から6回分のレシピとエピソードをちょい見せしちゃいます♪  ◇  ◇  ◇

ファン待望の「カツ丼の歌」が登場した「神回」

今回は、シーズン3のエピソード24から「半熟卵のカツ丼」をご紹介します。 「ハンバーグ」と同様に、「カツ丼」も和牛の漫才ネタに出てくることから、ファンの要望が高かったそう。 カツの下ごしらえでは、水田さんが「♪豚肉のロースに~小麦粉をぉ」と歌い出し、「とぅける」と川西さんが応え、その後の工程でも漫才ネタ中に歌われる「カツ丼の歌」を歌いながら料理をする2人。歌うことで工程も確認でき、意外と実用的な歌だったことがわかった回でした! カツ丼のポイントは、揚げ焼きすること。少ない油で作るので、片付けもラクチンなレシピです♪

半熟卵のカツ丼

<材料>(2人分) 豚ロース肉(とんかつ用) …2枚(1枚120g程度) 卵…2個 たまねぎ(大)…1/4個 青ねぎ…適宜 ごはん…2人分 サラダ油.…小さじ1 サラダ油(揚げ油)…適量 【衣】 薄力粉…大さじ1 溶き卵…1個分 サラダ油…小さじ1 パン粉…25g 【A】 かつお節パック…1袋(約4.5g) 水…130ml 酒…大さじ1 【B】 みりん…大さじ1 しょうゆ…大さじ1 <作り方> (1)耐熱ボウルに【A】をかつお節、水、酒の順番で入れる。 ラップをして電子レンジ600Wで約3分加熱する。 (2)電子レンジから取り出したら、茶こし(またはザル)でこす。 (3)たまねぎは縦半分に切り、薄切りにする。青ねぎは小口切りにする。 (4)豚肉はラップで包み、めん棒などでたたく。脂身の部分は包丁で筋を切り、塩を少々(分量外)ふる。 (5)パン粉は袋に入れ、めん棒などで細かくし、バットに移す。ボウルに衣用の溶き卵とサラダ油を混ぜる。 (6)(4)の豚肉に薄力粉を茶こしではたく。混ぜた(5)の卵に豚肉をくぐらせ、パン粉をつける。 (7)フライパンにサラダ油を深さ1~2cmほど入れ、中温170~180°Cで両面揚げ焼きにする。全体に揚げ色がついたらバットに取り出す。 (8)カツの余分な油がきれたら、食べやすい大きさに切る。 (9)別のフライパンにサラダ油をひき、たまねぎを炒める。しんなりしてきたら、(2)のだしと【B】の調味料を合わせ、煮立たせる。 (10)煮立たせている間に卵をボウルに割り入れる。煮立ったら(8)を入れ、味を染み込ませる。 (11)卵の2/3の量を流し入れ、弱火で蓋をする。半熟になったら残りの卵を流し入れ、好みの半熟加減になったら火を止める。 (12)器にごはんを盛り、(11)をのせ、青ねぎをかけたら完成! 卵は2回に分けて入れることで、自宅でも簡単に程よい半熟加減に仕上げることができます! 書籍では、番組中でカツ丼と一緒に作っていた鯛にゅうめんのレシピも紹介。番組を振り返りながら、ぜひ作ってみてくださいね♪ 次回は、シーズン4のエピソード43から「和牛ステーキ」をご紹介します!

【関連記事】