Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風12号の予想進路 次第に東寄りに 各地への影響は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
tenki.jp

台風12号の進路は昨日までの予想よりも東寄りに。上陸のおそれはなくなったものの、進路に近い地域では大雨に警戒。また、近畿から東北にかけて、強風や高波による影響も。

台風12号は、きょう23日正午現在、八丈島の付近を北東へ進んでいます。八丈島を含む伊豆諸島では、あす24日の午前にかけて荒れた天気で、特に高波に警戒が必要です。 台風は、今後、次第に関東の東の海上へ進み、25日の朝には福島県の東で温帯低気圧に変わる予想です。この台風(または温帯低気圧)の北には、活発な秋雨前線が延びています。 台風が上陸するおそれはなくなりましたが、それでも、場所によっては台風を取り巻く雨雲のかかる可能性があり、秋雨前線の影響も加わるため広い範囲で雨が強まります。強風や高波にも十分な注意が必要です。

近畿~東北 影響が強まる時間帯や注意点など

台風の進路に近い、近畿から東北にかけての傾向をまとめました。なお、『』は台風の影響が強まる時間帯です。 ●近畿:『今夜遅くまで』 太平洋沿岸の地域は風が強まり、風に向かって歩きにくくなるほどに。海上は、南部を中心に波が高く、うねりを伴ってシケの状態が続きそうです。大雨にはならない見込みですが、所々で雨雲が湧くでしょう。 ●東海:『今夜~あす24日朝』 静岡県は、伊豆を中心に活発な雨雲がかかり、激しく降るおそれがあります。また、静岡県を中心に、愛知県や三重県にかけても、沿岸部は風が強い状態が続き、煽られて転倒する人が出るほどの所も。海上は、うねりを伴いシケるでしょう。 ●関東甲信:『今夜~あす24日昼頃』 広範囲で雨が強まり、道路が冠水するほど激しく降る所もあるでしょう。特に総雨量が多くなるのは「群馬・栃木・埼玉・東京」で、9月のひと月分に匹敵するほどの所も。災害の危険が高まるおそれがあります。関東各地で風が次第に強まり、特に沿岸部では煽られて転倒してしまうほどの所も。海は、うねりを伴い大シケとなるでしょう。 ●東北:『あす24日昼頃~25日午前』 太平洋側を中心に雨の量が多くなります。すでに、きょうの未明から、湿った東風の影響で岩手県の沿岸部で雨が強まり、地盤が緩んでいる所があります。このあとも太平洋側の沿岸部を中心に断続的に雨で、特にあす昼頃からあさっての午前には降り方が強まるでしょう。雨と同時に風も強まり、東海や関東と同様、人が転倒してしまうほどになりそうです。海は、うねりを伴い大シケとなりそうです。なお、25日の午後は、荒れた天気の峠は越えますが、引き続き東風が吹きつけて、岩手県をはじめ太平洋沿岸の地域で雨が続くおそれがあります。 ※台風の進路や速度の予想には、まだ幅があります。ピークの時間帯などについて、多少変わってくることも考えられますので、今後も情報をこまめにご確認ください。

日本気象協会 本社 戸田 よしか

【関連記事】