Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46・齋藤飛鳥、“赤身肉”贈られ赤面 ハイテンションな姿に山下美月「久々に見ました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 人気グループ・乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が10日、都内で行われた映画『映像研には手を出すな!』大ヒット舞台あいさつに登場した。 【写真】赤身肉プレゼントに照れる齋藤飛鳥  原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの青春冒険譚を描いたコミックス。齋藤演じる主人公・浅草みどりは「アニメは設定が命!」を信条に、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者。山下は、俳優一家に生まれ、親に反対されつつもアニメーターを目指すカリスマ読者モデル・水崎ツバメ。梅澤は、2人の才能をまとめ、管理してお金もうけをしようとするプロデューサー気質の少女・金森さやかを担当する。  この日、齋藤は山下と梅澤にサプライズで気持ちを込めた感謝状を贈呈。山下には「山の面白いところをたくさん発見できたのが映像研の大きな収穫でした。身体もたくさんはりましたね。台本もボロボロでしたね。よく頑張りました。後輩で年下なのに一所懸命ついてきてくれて、ありがとう」と感謝。  梅澤には「いつも母親のような包容力とその大きな身体で、包んでくれてありがとう。真面目な人だと思っていたけど、それだけじゃないんだと気づきました。梅を見ていて学ぶことはたくさんあります。これからも私に美味しいものをたくさん食べさせてください。」と伝えた。  山下は「うれしい! 家宝にします!」、梅澤も「どうしましょう、こんなものもらってしまって~!」と喜び。そして今度は2人から齋藤へ逆サプライズで“最強の赤身肉”とフライパンをプレゼントした。  受け取った齋藤は「わー、うれしい! やったぁ! 2人で良かったです映像研!笑」と喜びながら赤面。その姿を見て、山下は「久々に見ました飛鳥さんのこんなテンション」と笑っていた。

【関連記事】