Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欅坂46、Twitter実況で明らかになるメンバーたちの裏話 日向坂46も参戦した『欅共和国2017』鑑賞会

配信

リアルサウンド

 『欅共和国2017』観賞会が5月29日~30日の2日間に渡って開催された。今回の企画は、2017年に行われた欅坂46初の野外ライブ『欅共和国2017』をYouTube公式チャンネルでプレミア公開し、Twitter上でメンバーが実況するというもの。当日はハッシュタグ「#みんなで欅」がトレンド入りし、大きな盛り上がりを見せた。  観賞会は、まずキャプテンの菅井友香と副キャプテンの守屋茜によるオープニングトークから始まった。緊急事態宣言が発令されている中での生活を振り返り、さらに今後の活動などを語っていく。また、現在の状況を鑑みて今年の『欅共和国』の開催の見送りを発表した。  そんななか、Twitterで先陣を切ったのは齋藤冬優花。「短い期間の練習、初めての外のライブでリハーサルは大変だったけど、みんなワクワクしてたのを思い出します」と写真付きでツイート。  それに対して菅井も当時の写真を載せて反応する。  こうしたメンバー同士のやり取りや、映像を見ながらの実況がタイムライン上でリアルタイムで繰り広げられる。この実況には、開催当時はまだ加入してなかった二期生も参加し、先輩たちの雄姿を見届けていた。  『欅共和国2017』といえば、その頃はまだ改名前のけやき坂46(現・日向坂46)もライブに共同で参加していたため、日向坂46のメンバーもTwitterでの実況に参戦。お互いのツイートをリツイートし合うなどして企画を盛り上げていく。  今となっては別のグループとなった両チームが、こうして一緒に企画を盛り上げている風景は感慨深い。  『欅共和国』は野外イベントということで、水や風船などを使った演出が特徴だ。そのため、いつも以上にメンバーたちの弾けた表情が楽しめる。1曲目の「サイレントマジョリティー」から水が一気に噴射されるため、小林由依は「フロントの前髪一曲目で終わったよね」とツイート。  小林は、MC中によく噛んでしまう佐藤詩織に対し「すげー噛むじゃん」とつぶやく。番組でもフィーチャーされた小林の“ぼやき”はここでも健在だ。  それに対し二期生の松田が「小林さんのツッコミに笑ったら壁に頭ぶつけました」と反応するなど、メンバー間の和気あいあいとしたコミュニケーションが面白い。  ブログやメッセージアプリなどでの発信は今までもあったが、Twitterのように双方向に気軽に返信できるツールがないため、メンバー間のこうしたやり取りは新鮮だ。そして小林の“ぼやき”は、Twitterの空気に非常に馴染んでいる。  噛むと言えば、滑舌の悪いキャラクターが定着している菅井も自分に対して「自分でも何言ってるか分からない煽り」とツッコミを入れる。  これに対して齋藤が「ソンナコトナイヨ」とフォロー。  そんな齋藤は、当日にフラッグの演出でミスしてしまい、号泣したというエピソードについて回想する。  こうした裏話や、演出などについてメンバーから話が聞けるのがこの企画の醍醐味と言えるだろう。今でも“伝説”となっている「不協和音」では、後に代理センターを務めることになった菅井が何度も見返したと明かす。  ライブが終わると、その後、田村保乃、井上梨名、藤吉夏鈴の3名によるリモート通話の映像も流れた。 藤吉「去年初めて二期生が『欅共和国』に参加させてもらって、「太陽は見上げる人を選ばない」をみんなで出来たっていうのが思い出に残ってる」 井上「ライブもそうだけど、こうやってファンのみなさんと画面を通して同じ時間を過ごせるのがすごい嬉しい」 田村「またやりたい、こういうの」 藤吉「毎月やりたい(笑)」  そして最後に、小池美波・渡邉理佐・小林が一人ひとりコメントしていった。 小池「メンバー一人ひとりがグループに対して強い意志を持って前を向いています。今までの活動の中で欅坂46が大事にしてきたものはこれからも大事にしていきたいですし、やっぱり変化も大事だと思うので、新しいことにもたくさん挑戦していきたいって思ってます」 渡邉「みなさんがもっともっと楽しい毎日を送ってもらえるように、ライブやツアーをしたり、シングルが出せるように、私たちも前を向いて頑張っていきます。これからも応援よろしくお願いします」 小林「今は大変な状況になってしまっていて、それが私たちが動き出したい時期と重なってしまって、なかなか活動できていないのが悔しいです。ただ、この時期にメンバー一人ひとりが私たちに何ができるのか考えたと思います。それは今後の活動でも生きてくると思います。前を向いてこれからの活動を楽しみに頑張っていきたいですし、ファンの方にもこれからの欅坂46を楽しみに待っていただけたらと思います」  ライブが人気のグループなだけに、現在のように「3密」を避けなければいけない状況はもどかしいことだろう。様々なことが続き、思うように進まない2020年。しかし、彼女たちの言うように、前を向いてこれからの活動を楽しみにしたいと思う。

荻原梓

【関連記事】