Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

King Gnu、柴咲コウ主演ドラマ「35歳の少女」主題歌を書き下ろし 初回放送で楽曲解禁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 King Gnuの書き下ろし曲「三文小説」が、10月10日(土)より放送開始となる柴咲コウ主演、遊川和彦脚本の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」の主題歌に決定。あわせて、ドラマのポスター・ヴィジュアルとそのメイキング映像が、番組公式サイトと日テレ公式YouTubeに公開されています。  本ドラマは『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結し「〇〇妻」以来、5年ぶりとなる柴咲と脚本家・遊川和彦のタッグが実現したホーム・ドラマ。ストーリーは1995年、不慮の事故により10歳で突然、長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”望美が、歳をとった体と受け入れ難い未来、問題を抱える家族や愛する人たちを変え、現実に戸惑いながらも前を向いて生きる“時をこえた”成長物語です。  この現代版“眠り姫”といえる本ドラマ。出演者には望美の妹、時岡愛美に橋本 愛、望美の父、今村進次役には田中哲司、望美の父、進次の再婚相手、今村加奈役に富田靖子、その引きこもりの連れ子、今村達也役に竜星 涼、望美の母親、時岡多恵役に、鈴木保奈美など豪華キャストが名を連ねています。  また、本作の主題歌として起用されることになったKing Gnuの書き下ろし曲「三文小説」は、かねてからKing Gnuの才能に惚れ込んでいだ大平 太プロデューサーが「このドラマのために、新曲を作って欲しい」とオファーし、タッグが実現。ドラマの台本を読み込んだKing Gnuの常田大希が、大平プロデューサー、さらに脚本家の遊川を交えディスカッションを重ねて、書き下ろした楽曲になります。  King Gnuは、1月15日に発売された最新アルバム『CEREMONY』がオリコンやBillboard JAPANをはじめ、上半期アルバムランキングで第1位を記録し大ヒット。このたび発表となった楽曲「三文小説」は『CEREMONY』以降、初のリリースとなります。常田は「三文小説」について「2020年、我々King Gnuはアルバム“Ceremony”をリリースして以降、一曲たりとも新曲をリリースせずに、じっくりと自分達の生き方を見つめ直してきました。そんな中でこの“35歳の少女”という素敵な作品と巡り合いまた新たな一歩を踏み出す訳です。ご期待ください」とコメントしています。  なお、King Gnuが連続ドラマに主題歌を提供するのは、『イノセンス 冤罪弁護士』(2019年)に続いて2度目。奇しくも、同ドラマ主演の坂口健太郎は、「35歳の少女」にも出演しています。主題歌「三文小説」は、10月10日(土)22:00から初回オンエアで解禁となります。 [コメント] 失われた25年間を懸命に生きている役を演じるいまの私には、沁みすぎる歌だ。 毎日を、揺らぎながらも頑張って生きている自分を、自分以外の誰か、一人でいい、少しでいい。理解してくれる人がいたら、それは、とても有難く幸せなことなんだ。 「35歳の少女」のキャラクターそれぞれの業、心に抱く違和感、日々の葛藤にこの曲が溶け込み、より一層の深さと彩りを与えてくれるに違いない。 ――柴咲コウ 常田さんと初めてお会いした時の事は、忘れられません。僕が勝手に「クイーンの再来」と思っている今、最も輝いているグループのひとつであるKing Gnuの若きリーダーを前にして、とても緊張しました。 僕と脚本の遊川さんとで、このドラマに懸ける熱い思いや「ありきたりな曲は、要らない……絶望している主人公に神から降臨したような……魂を揺さぶるような、これまでのKing Gnuさんのイメージを壊すような……」勝手なことを並べ立てました。 黙って聞いていた常田さんは、一言「面白そうなので、やってみます」と言ってくれました。出来上がった曲を聞いた時、4人の若者の才能に、改めて驚かされました。柴咲コウさん演じる主人公の苦悩と、それでも前向きに生きて行こうとする姿勢、それをそばで見つめている人たちの想いが、見事に歌い上げられていました。 10月10日、初回の放送の中で流れるこの曲と、視聴者のみなさんとの出会いが忘れられないモノになることを確信しています。 ――日本テレビ情報・制作局 大平太プロデューサー

【関連記事】