Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

斉藤とも子、“優等生”のイメージが嫌で高校中退!28歳差の元夫とは「いつの間にか結婚していた(笑)」

配信

テレ朝POST

中学3年生のときに医師である父親と5歳年下の妹と東京に引っ越すことになった斉藤とも子さん。 高校1年生で念願の女優デビューをはたし、ドラマ『青春ド真中!』(日本テレビ系)、『ゆうひが丘の総理大臣』(日本テレビ系)、『若い広場』(NHK教育テレビ)のなかの「マイブック」コーナーなどで“優等生の美少女”として人気を集めるが、実は優等生のイメージには抵抗があったという。

◆東京の中学校に転校して性格が激変?

中学3年生のときに東京に引っ越してきた斉藤さんは、都内の中学校に転校するが、神戸にいたときとはまったく違う学校生活だったという。 「当時は関西弁が珍しかったみたいで、いわゆるツッパリと言われている人たちに呼び出されて『なんかしゃべって』って言われたんですけど、そうするとしゃべれなくなっちゃうんですよね。 そういうことから引きこもりじゃないんですけど、友だちと伸び伸び話せなくなってしまって、すごくおとなしい子になっちゃったんです。 私より少し前に転校してきていた優しい子がいて、その子が唯一の友だちでした」 -神戸では家族ぐるみでお弁当を作ってくれるような人たちのなかにいたのが、いきなり環境が変わって- 「そうなんですよ。みんなで真っ黒になって遊んでいたような生活からいきなりですからね。 それと、私からすると東京と神戸では笑いのツボが全然違ったんですよ。私たちが神戸でゲラゲラ笑っていたようなことでは誰も笑わない、東京では。 逆に、東京の笑いに私がついていけなかったんです。笑いってすごく大事だなって思いました。 同じことで笑えると、すごく親近感がわくんですけど、それがズレていたということで、何か静かな子になっちゃって(笑)」 -中学3年生のときには、まだお仕事はされてなかったのですか?- 「はい、まだ仕事はしていませんでした。その頃、大竹しのぶさんがすごく人気が出られたときで、大竹さんが所属されていた事務所の養成所に通っていました。 中3の終わりぐらいにオーディションを受けて、最初に出たのは、『明日への追跡』(NHK)という少年ドラマです」

【関連記事】