Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【新型コロナ】千葉市と柏市で10人感染 船橋市は8人 感染経路不明目立つ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 過去最多76人の新型コロナウイルス感染が判明した千葉県内では6日、千葉市と柏市、船橋市による感染判明発表も相次いだ。小学校教員や接待を伴う飲食店の客が含まれ、感染経路不明のケースも目立つ。    ◆千葉市で10人    千葉市は市内居住で20代~80代の男女10人の感染が判明したと発表した。うち7人の感染経路が不明。  市によると、30代の会社員女性は従業員3人の感染が分かっている市内の接待を伴う飲食店の客。7月31日に発熱などがあった。女性は軽症で入院中。同居家族にも症状が出ている。市は同店の従業員や客の調査を継続している。  80代のパート女性はクラスター(感染者集団)が発生している佐倉市のカラオケを伴う店の利用客。基礎疾患があり入院しているが、軽症で発熱なども治まっている。20代の無職女性は家族の感染が判明済み。  感染経路不明の7人のうち、5人は仕事や私用で東京都内との往来があった。    ◆柏も10人発表    柏市は県内の小学校に勤務する20代の女性教員1人を含む10人の感染を発表した。県が調査中の2人を除く8人は、いずれも市内居住で軽症か無症状。このうち6人の感染経路が不明。  市によると、女性教員は市内居住。症状はなかったが、3日に市内の医療機関を受診し自由診療で検体を採取。5日に感染が分かった。感染経路は不明。勤務先小学校のある自治体で県保健所と協力し濃厚接触者の特定を進めているという。小学校所在地の自治体名は明らかにされていない。  他の柏市居住者のうち、県内に勤務する30代の飲食業の女性と、東京都内に勤務する30代の男性会社員は、いずれも職場の同僚の濃厚接触者として検査し、感染が判明した。  都内勤務の40代の男性会社員、都内勤務の30代の飲食業男性、市内勤務の30代の自営業男性、県外勤務の20代の会社員男性、40代の無職女性は、いずれも感染経路が不明で、7月28日~8月1日に発熱などの症状があり、同1~4日に市内の医療機関を受診して感染が分かった。    ◆船橋は8人    船橋市は市内居住の20代~60代の男女計8人が感染したと発表した。うち4人の感染経路が不明。7人が軽症で、1人は無症状。  市保健所によると、30代男性会社員は、既に感染していた同居家族の濃厚接触者としてPCR検査を行い、陽性と判明した。  60代女性アルバイトも、同居の30代男性が感染したことを受けて検査し、感染が分かった。症状はない。  ほかに、陽性者との接触があり感染が分かったのは40代男性会社員、20代男子大学生。  一方、感染経路不明者のうち、30代女性アルバイト、50代男性会社員、40代男性会社員の3人は、マスクを外して飲食やカラオケをしたことが分かっている。

【関連記事】