Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

学校給食で3453人食中毒の八潮市、児童生徒らにパン提供 当分は弁当を持参、給食再開はめど立たず

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 6月に給食による大規模集団食中毒が発生し、18日から2学期が始まった埼玉県の八潮市は24日から、市内小中学校で児童生徒にパンを週3日提供すると発表した。 給食で食中毒か 八潮で複数の児童生徒が腹痛や下痢訴え 救急搬送のケースも…八潮市、原因を調査

 同市では6月26日、給食を通じて市内小中学校の児童生徒、教員計3453人に食中毒が発生した。市教委によると、給食再開のめどは立っていない。市内小中学校は8月8~17日の夏休みを終え、18日から授業が再開。児童生徒は当分、弁当を持参することになるという。  一方、市は24日からパンを月・水・金曜の週3回、牛乳を月~金の週5日提供する。おかずは各自用意するという。  市教委は「保護者の負担を少しでも軽減したい。早期に給食を再開したい」としている。

【関連記事】