Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<カープ九里亜蓮・ルーキーインタビューvol.3>「打者に向かっていく姿勢、闘志が自分の特長」

配信

広島アスリートマガジン

 2013年のドラフトでカープから指名され、紆余曲折の道のりを辿りながら、2020年現在、先発ローテーションの座を任されている九里亜蓮。そんな九里投手のカープ入団前の秘蔵インタビューを紹介するこちらの企画も今回が最終回。大学の先輩でもある、あの偉大な投手について語っています。 (『広島アスリートマガジン』2013年12月号掲載) 【写真】広島を愛し、広島に愛された助っ人 現役最後の言葉 ◆“勝てる投手”が自分の目標 ―― 九里選手が考えるご自身の個性、色とはどんなものでしょうか? 九里 自分の特長は投げるときにバッターに向かっていく姿だと思っています。気持ちから負けたくないという思いでマウンドに立っているので、バッターに向かっていく姿勢とか闘志を表に出していく気迫のあるピッチングや、威圧感ですかね。カープの選手ではないんですけど、楽天の田中将大投手(現ヤンキース)は気迫が表に出ているのがすぐにわかるじゃないですか? そういう気持ちから負けないような選手になりたいなと思います。 ―― では、田中投手を目標にしている部分もあるのでしょうか? 九里 いや、目標にしているのは前田健太投手です。自分は『勝てるピッチャー』というのを目指しているので、前田健投手だったり野村祐輔投手の動画を見たりしていました。だから、良いチームにいけてうれしいし、2人を間近に見られるので本当に楽しみです。投げているところとか、試合での姿を見て、教えて貰うんじゃなく盗んでいきたいなと思っています。 ―― カープには、亜細亜大の先輩も多数いますね。 九里 岩本さん(貴裕)は挨拶程度だけで、話したことがないんです。岩見さん(優輝)にはお会いしたことがなくて、久本さん(祐一)は一度冬の自主トレで大学にきたときに会話させていただきました。同じチームに、母校の先輩が多いのはやっぱり緊張しますね(笑)。中でも永川勝さんが一番緊張します。亜細亜大の中でも偉大なピッチャーなので、入団したらしっかり挨拶します(笑)。 ―― ドラフト1位の大瀬良投手とも大学日本代表で一緒だったとうかがいました。 九里 はい、大瀬良とは大学の日本代表で一緒だったので、そこから気が合って、ずっと連絡を取っています。自分的には仲良くしていると思っているんですけど…アイツはどうなのかな(笑)。ドラフトが決まってからお互い「よろしく~」っていう話をして、「背番号とか決まったらまた教えあおう」って言ってたんですけど、大瀬良は先に決まっちゃいましたね(笑)。自分は何番になるのかな。同世代の選手も多いですし、一緒に切磋琢磨していけたらいいなと思います。 ―― では最後に九里投手の活躍を期待するファンの方に向けてお願いします。 九里 自分が持っているものを出して、もっと実力をつけてチームに貢献できるような選手になって良い投手たちの中に入れるように頑張っていきます!

【関連記事】