Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「砂糖断ち」を成功させるコツ。甘いものが食べたいときの対処法

配信

ELLE ONLINE

甘いものを我慢しようとすると、逆にすごく欲しくなることってない?  スイーツの誘惑はどこにでも転がっていて、甘いものを食べることで心を落ち着かせたり、幸せな気分を味わうのが長年の習慣になっている人もいる。砂糖断ちは簡単なことではないのだ。   とはいえ平均的なアメリカ人が1年間で摂取する砂糖は、およそ69kg(!)にものぼるそう。砂糖の摂り過ぎは、寿命を縮める原因となる肥満や糖尿病、心血管疾患にかかるリスクを大幅にアップさせてしまうという。   さらに「米国医師会雑誌(JAMA)」の内科医による研究では、1日の推奨摂取量以上の砂糖を摂っていた人たちは、心臓病で亡くなるリスクが少なくとも30%以上アップしたという。   でもどうやって、砂糖が欲しくなる気持ちを抑えればいいの?  昨年末アメリカで出版された『シュガー・フリー3』では、余分な砂糖や精製炭水化物、人工甘味料をカットするための、簡単に実行できる3週間プログラムを紹介している。今回はその本の一部を抜粋してご紹介!

甘いものへの渇望を断ち切るにはどうしたらいい?

あるときはスーパーやコンビニの棚から、あるときは冷凍庫からやってくる甘いものの誘惑。まずは甘いものに対する “渇望” の正体を知ることから始めたい。   『ウェブスター辞典』によると、“渇望” とは「強烈な、緊急の、異常な欲求または切望」を意味し、類義語には「熱望、憧れ、願望、望み、熱情」などがある。どれも異常にチョコレートが食べたくなるときの気分と、合致しているような気がする。   この3週間の砂糖断ちプログラムを通して学びたいポイントのひとつは、 「甘いものへの渇望感が湧いてきたからといって、すぐに甘いものやそれに変わるもの(フルーツなど)を摂取しなくちゃだめなわけではない」ということ。   甘いものを食べたい衝動に負けない力を強めるために、まず体内で何が起きているかを把握したい。甘いものが欲しい時、あなたはどんな気分になる?   ・チョコレートが欲しい? それとも単に甘いものが欲しい? ・肉体的に空腹感を感じている? お腹がグーグー鳴っている? ・頭痛がする?   次は、その時これらのことを試してみて。   ・ グラス1杯の水を飲む。 ・ 呼吸を整える。5回深呼吸をする、または数分待ってみる。 ・ 少し体を動かす。短い散歩とか。 ・ それでも本当にお腹が空いていたら、何か満足感のあるものを食べる。   お腹が空いた時にフルーツを食べる人は多いけれど、正直に言って少し物足りないはず(とくに食べたい気持ちが甘いものへの渇望から来ていない場合)。   そんなときは、たんぱく質か健康に良い脂肪を含むヘルシーなおやつを食べるのがベスト。衝動的に自販機に走ったりオフィスのスイーツに逃げなくて済むし、毎日手元に置いておけば砂糖たっぷりの既製品の誘惑も避けられる。   さらに、ヘルシーなおやつを作り置きすれば、積極的にマインドフルイーティング(意識的な食事)や、健康的なおやつの素材選びができるようになる。

【関連記事】