Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<麒麟がくる>“悲劇の剣豪将軍”がハマり役に! 向井理“足利義輝”「夏の終わり」まで…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)で、室町幕府第13代将軍・足利義輝を演じてきた向井理さん。9月20日放送の第24回「将軍の器」では、義輝の壮絶な最期が描かれるという。向井さんは、役を演じるにあたり、「没落してゆく将軍家を感じながら、武家の棟りょうであるプライドも持ち合わせているところ」を大切にし、また「13代目まで続いてきた重みと、いずれ滅びる儚(はかな)さを両立させることは意識してきました」と語っていたが、にじみ出る悲哀と孤独さは視聴者を大いに引きつけた。ここでは、まさにハマり役となった義輝の名場面を振り返りたいと思う。 【写真特集】足利義輝が最期に勇ましく散る!? “剣豪将軍”としての本来の姿… その目に焼き付けろ!!

 ◇ビジュアルには勇ましい甲冑姿 タイトルコールで光秀に「道」を示し… 

 室町幕府第13代将軍の足利義輝は、塚原卜伝にも師事したといわれる剣豪。父・義晴とともに、混迷する京の情勢に翻弄(ほんろう)され、近江と京を出入りすることを余儀なくされた悲劇の将軍で、三淵藤英(谷原章介さん)を通じて、光秀(長谷川さん)と知己を得る。キャストビジュアルのキャッチコピーは「悲劇の剣豪将軍」。向井さんの勇ましい甲冑(かっちゅう)姿を目にすることができる。

 初登場は、2月16日放送の第5回「伊平次を探せ」だった。同回は、斎藤道三(本木雅弘さん)の命を受けた光秀が、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央さん)を捜しにやってきた本能寺で光秀は……と展開。義輝は、細川藤孝(眞島秀和さん)と対峙(たいじ)していた光秀の前に馬に乗って現れると、その威光によって、2人の斬り合いを止め、さらに「見事な太刀さばきじゃ」との褒め言葉を残して去って行った。

 そんな義輝が、光秀に「道」を示したと言われるのが、3月29日放送の第11回「将軍の涙」。タイトル通り、義輝役の向井さんの静かな熱演が話題となった。同回の終盤、義輝が自分の力不足ゆえ、平和をもたらすことのできないことへのふがいなさと諦観をにじませつつ、王が仁のある政治を行うときに必ず現れるという聖なる獣「麒麟」について語るシーンで、約2分間にわたる長ぜりふは視聴者の心を震わせた。

【関連記事】