Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

文大統領、仏教界に「防疫協力」もとめる…「旧盆連休期間が“分水嶺”」=韓国

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は今日(18日)、仏教界の指導者たちに、秋夕(旧盆)の連休期間 新型コロナウイルス感染症への防疫に協力してくれるよう求めた。 【写真】もっと大きな写真を見る 文大統領はこの日の午前11時 青瓦台(韓国大統領府)で、韓国仏教の指導者たちとの懇談会を主宰した。仏教界の招請懇談会は、昨年7月につづき今回が2回目である。 文大統領は、新型コロナの状況の中で 仏教界が最も早く法会と行事を中断し、最近も自発的に協力を続けていることに対して、感謝の意を表した。 また 新型コロナの分水嶺となると予想されている秋夕の旧盆連休期間、仏教界が防疫の模範的な役割を続けてほしいと要請した。 今月24日には韓国政府と宗教界の間で、新型コロナ対応協議会の初会議が、チョン・セギュン(丁世均)首相の主宰で開かれる。この会議には仏教、プロテスタント教会、カトリック教会、円仏教、儒教、天道教、韓国民族宗教協議会など、7つの宗教のトップが参席する予定である。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】