Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界初“大相撲”のエンターテインメント・ドキュメンタリー!「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」予告編解禁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

映画「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」が10月30日(金)から東京・TOHOシネマズ 錦糸町、10月31日(土)から東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開されることが決定。合わせて、ポスタービジュアルと場面写真、遠藤憲一のナレーション入りの予告編が一挙解禁となった。 【写真を見る】大迫力の映像と臨場感あふれる音とともに強き男たちの生き様を描いた、世界初“大相撲”のエンターテインメント・ドキュメンタリー 「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」は、大迫力の映像と臨場感あふれる音とともに強き男たちの生き様を描く、世界初“大相撲”のエンターテインメント・ドキュメンタリー。 2018年12月から2019年6月の約半年間、境川部屋と高田川部屋の2つの稽古場に密着。想像を絶する朝稽古、驚きの日常生活、親方・仲間たちとの固い絆、そして本場所での熱き闘いの姿を追い掛ける中で、相撲の魅力を歴史、文化、競技など、さまざまな角度からひもといていく。 メガホンを取ったのは「マツコの知らない世界」(毎週火曜夜8:57-10:00、TBS系)をはじめ、長年テレビの演出家として活躍し、本作が映画初監督作品となる坂田栄治。また、劇中画をコーディネートプロデューサーである相撲漫画家の琴剣淳弥が描き、自身も本編に登場する。 公開となったビジュアルは、闘いの舞台となる神聖な土俵に立つ武隈親方(元大関豪栄道)の姿や、1人静かに稽古に励む竜電関、力強く土俵を踏み込むカットなど、強さを追い求め日々鍛練を積み、己を高める多くの力士たちの姿が並ぶ。 また、「365日、闘う。」というコピーは横綱を目指し、最強の関取となるため邁進していく力士たちの決意を表しているかのようにも感じられる。 一方の予告編は、すごみのある力強い声が日々厳しい稽古に励み強さを追い求める力士の姿とリンクするということから、本作のナレーションを務めることが決定した遠藤の「相撲とは一体何だ?」という、国技として広く知られる大相撲の核心へ迫る問い掛けからスタートする。 それに答えるかのように、力士や関係者たちが「毎日が交通事故」「相撲はスポーツではない、お相撲さんは武士」「人生を懸けなきゃいけない」と熱を込めてコメント。 さらに、強靭な肉体と精神を求めて厳しい研鑚に励む様子や、顔面同士がぶつかり合う度肝を抜くような取り組みといった、“命懸けの相撲”を体現する圧巻の映像が次々と映し出されている。 そして今回、遠藤や坂田監督、琴剣、密着した武隈親方(元大関豪栄道)、竜電関からのコメントも到着した。 ■ 坂田栄治監督コメント 映画完成直後、新型ウイルスにより世界は変わり、大相撲の風景も変わりました。あの数カ月間、力士たちの激闘と観客の大声援を両国国技館(東京)で撮影できたのは偶然の奇跡。 大迫力の大相撲の感動と、力士たちのドラマを、ぜひ劇場で体感してほしいです。 ■ 武隈親方(元大関豪栄道)コメント 相撲は、裸一つでぶつかり合う、シンプルで分かりやすい究極の闘いです。それが人の心を揺さぶり、奮い立たせてくれるのだと思います。若い世代にも、日本の伝統を守っている力士の姿を、劇場で見てほしいです。 ■ 竜電剛至(高田川部屋)コメント 長期間の密着は初めての経験でした。所作の美しさ、力士の個性あふれる着物姿、武器を持たず自分の身体だけで勝負する、語り尽くせない相撲の魅力を、相撲ファンはじめ、まだ相撲を知らない方や子どもたちに、映画を通じて感じてほしいです。 ■ 遠藤憲一(ナレーション)コメント 相撲の歴史を学び、親方や仲間たちとの絆に心打たれながらの収録でした。強くなるためにひたむきに稽古する姿、寝る、食べる、すべてが相撲特有の美学として伝わってきます。 語りの役として、この素晴らしき大相撲の世界を皆さまにお届けできること、大変うれしい思いです。 ■ 琴剣淳弥(コーディネートプロデューサー/劇中画)コメント 大相撲を体験した者として、お薦めできる映画。相撲界の“伝統”“厳しさ”の映像美、そして音響の106分。この映画を見終わった後、きっとあなたも国技館へ行きたくなっているでしょう。 ※高田川部屋の高は、正しくはハシゴダカ(ザテレビジョン)

【関連記事】