Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東村山「少女狩り」事件 尾行し強制わいせつを繰り返したロリコン男の犯行がエスカレートした理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 水と安全はただ、という時代は少なくとも日本に住む子供にとってはとっくに終わってしまったのかもしれない。東京・東村山で1月から6月にかけて、帰宅途中の10代前半の少女に無理矢理わいせつ行為を繰り返していた男が警視庁捜査1課に逮捕された。親がその場にいて助かった事例もあるが、本人は黙秘に転じており、今後、埋もれた余罪が明らかになる可能性もある。 【画像】少女が家に入ってカギをかけるまでの一瞬に……

学校の始業式にあわせて行動開始

 警視庁捜査1課に強制性交致傷容疑などで逮捕されたのは、東村山市本町に住む無職、池川翔悟被告(31)。学校などから帰宅途中の少女を尾行し、自宅を特定して暴力を振るってわいせつ行為に及ぶ、という卑劣な犯行を繰り返していた疑いがある。  その執拗さは異常以外の何物でもない。  池川容疑者が今年に入って犯行を始めたのは1月6日。学校が3学期の始業式を迎え、街中に少女があふれ始めるその日にあわせて行動を開始したとみられる。

少女に「こんなことしたらばれるよ」と言われ……

 手口は乱暴だ。学校近くを自転車でうろつき、目当ての少女が出てきたところから尾行し、帰宅途中にわいせつ行為に及ぶというものだ。  1月6日夕に犯行に及んだ際は10代前半の少女の首を後ろから掴んで押し倒し、「服を脱げ」と命令しながら少女の体をまさぐったが、「こんなことしたらばれるよ」と言われて逃走したという。  たしかに周囲に防犯カメラはあり、池川容疑者の姿も映っていた。だが、少女の予言とは裏腹に、池川容疑者がすぐ捕まることはなかった。  後に「子供の体が好きだった」と捜査1課の取調官に打ち明けた池川容疑者だが、警察の手が迫ってこないことに気をよくしたのか、逃走劇の後にその暗い性衝動を抑えるどころか、新たな犯行に及び始めた。

エスカレートした犯行手口

 池川容疑者が犯行をエスカレートさせ始めたのは6月ごろ。折しも新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が明けてまだひと月も経たないころで、感染者数の多い都内では、人通りも例年より少なく、普段よりも監視の目が少ない時期だった。  犯行の手口も洗練を重ねていた。1月の時点では路上で犯行に及ぼうとしていた池川容疑者だが、遅くとも6月以降は大胆にも少女の自宅で犯行に及ぶ作戦に切り替えたとみられる。

【関連記事】