Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】ダルビッシュに打者呆然 スイング不可能な“158km剛球”に米度肝「絶対的なエグさ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

リーグ単独トップの8勝目ダルビッシュ、打者呆然の外角直球が「大変な球だ」

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、敵地ホワイトソックス戦で先発し、リーグ単独トップの8勝目を挙げた。今季最終登板で注目を浴びているのが、外角低めギリギリに決めた“158キロ剛球”による見逃し三振。実際の動画を米名物セレブが公開すると、「大変な球だ」「絶対的なエグさ」などと現地ファンの度肝を抜いている。 【動画】「絶対的なエグさ」と米仰天! 打者も呆然と立ち尽くすのみ…ダルビッシュがコースギリギリに決めた“158km剛球”の実際の動画  これは打てる球じゃない。4-0の3回2死三塁。ダルビッシュは左打席にモアン・ヨンカダを迎えた。カウント0-2からの3球目。渾身の力を込めて投じた98マイル(158キロ)の剛速球は、糸を引くような軌道で外角低めいっぱいに決まった。画面に表示されたストライクゾーンの枠に重なるほどギリギリいっぱい。打者も手が出ず、呆然としながら審判に視線を送ったようだ。 「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏は、自身のツイッターに精度抜群の1球の動画を公開。「ユウ・ダルビッシュの98マイル」とつづると、米ファンからは「ヤバすぎる」「信じられない」「オーマイガー!」「絶対的なエグさ」「興味深いモーションだ」「大変な球だ」「精密機械」などと驚いた様子のコメントが相次いでいる。  ダルビッシュは7回を3安打5奪三振無失点。日本人初のサイ・ヤング賞の期待もかかる最終登板で10-0での完封勝ちに貢献し、リーグ単独トップの8勝目を挙げた。最多勝もほぼ手中に収めている。

THE ANSWER編集部

【関連記事】