Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

65歳以降も働いた場合の老齢厚生年金額の再計算のルールが変わる?いつから?その内容とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

65歳で本格的に年金を受けられるようになってから、引き続き働く人も多くなっています。 年金を受給しながら働いている人の給与、賞与から控除された厚生年金保険料については、後になって受け取る年金の計算で反映されることにはなりますが、2022年よりその再計算のルールが変わります。

老齢厚生年金を受け始めてから働いた場合の年金額の再計算

会社員等の場合、65歳以降については老齢基礎年金と老齢厚生年金を受けることになります。そのうち老齢厚生年金は厚生年金加入記録(加入月数や在職中の給与・賞与額)に基づいて計算されます。 年金の支給開始年齢が60歳から65歳へと引き上げられている中、65歳以降も勤務する人も増えていますが、70歳以降勤務していたとしても、厚生年金加入は最大70歳になるまでです。 65歳到達以降、厚生年金保険制度に加入し、給与・賞与を元に計算された厚生年金保険料を負担すると、その加入期間分は受け取る老齢厚生年金に反映されます。後で受給する年金額は再計算されるため、年金を受け始めて以降の加入期間の保険料は掛け捨てにはなりません。 現行制度上は、退職したとき、70歳になったときに、それまでの厚生年金加入記録に基づき、老齢厚生年金を再計算します。 65歳以降在職し続けていると、厚生年金加入月数が毎月増えていくことになりますが、毎月毎月、その分の年金受給額が増えるわけではなく、退職か70歳というタイミングでまとめて増えることになります。

2022年改正によって年金額は毎年再計算

以上が現行の老齢厚生年金再計算のルールですが、2022年に行われる改正によって、65歳以降在職している人については、退職、70歳を待たず、毎年年金が再計算されます。65歳以降も勤務する人が毎年再計算された年金を受け取れるよう、就労意欲を高めるための改正です。 具体的には、毎年9月1日を基準日とし、その前月(8月)以前の厚生年金加入記録を元に再計算を行います。そして、基準日の翌月である10月分から老齢厚生年金の受給額が変わります。これは在職定時改定制度という制度です。

【関連記事】