Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「個室はプレハブ」「家電はアイリスオーヤマ」記者が見たお台場コロナ療養施設の全貌【写真24枚】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

7月31日、東京では1日に確認された新型コロナウイルスの感染者が400人を超えた。 【全画像をみる】感染したらここに隔離? 記者が見たお台場コロナ療養施設の全貌【写真24枚】 その前日、日本財団は東京・お台場にある船の科学館駐車場と日本財団パラアリーナに建設した新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設「日本財団災害危機サポートセンター」を報道陣に公開した。 250床分の施設を宿泊療養者(無症状感染者、軽症者)向けの施設として東京都に提供するとしている。 具体的な稼働時期は未定だが、今後感染者が増え続けていけば、実際にこの施設で療養する人が出てくることになるだろう。 その施設内部の様子は、次のようなものだった。 船の科学館からみた災害危機サポートセンター全景。左側にパラアリーナ、右側に個室型プレハブハウスが並ぶ。奥にはグランドニッコー東京ホテルやフジテレビが見える。 医療従事者の待機場所となる大型テント。物資搬入などの作業も行われる。広さは600平米。 大型テントの内部。今後、スタッフの控室や診察エリアなどが設置される。 大型テント内に設置されたナースコールの表示器。個室型プレハブハウス内に設置されたナースコールを押すと、部屋番号が光る。待機している医療従事者がすぐに部屋に向かうことができる。 個室型プレハブハウスは合計で14棟。1人部屋130室、2人部屋10室、合計150床が整備された。 プレハブハウスが設置された場所は、元々は広い駐車場だった。ゆりかもめ東京国際クルーズターミナル駅(旧:船の科学館駅)が近い。 個室の入口には、ナースコール時の番号やインターフォンがある。ドアの上にはナースコールを押した時に点灯するライトも。 1R20平米の一人部屋。エアコンはもちろん掃除機や洗濯機、テレビなどの家電も整備されている。思ったよりも快適そうだ。 電子レンジ、冷蔵庫、電気ケトル、IHコンロ、TV、洗濯機など、確認できた家電はアイリスオーヤマ製だった。全て日本財団が購入したものだという。 ベッドは電動のリクライニング付きだ。 ベッドが2つ設置された「家族棟」も10室(20床)ある。ただし、部屋の広さや設備は1人用と同じだ。 ベッドの脇にはナースコールが設置されている。ボタンを押すと、大型テント内にあるナースコールの表示器の部屋番号や、部屋の入り口の上にあるライトが点灯する。 洗濯機の隣には、トイレやシャワー室がある。トイレは洋式。どちらも非常に清潔感があった。シャワー室やトイレにもナースコールが設置されている。 日本財団パラアリーナ内には、100床の仮設病棟が整備されている。 アリーナ内の仮設病床は、パーテーションで区切られた簡易的なもの。 ベッドに机、ロッカーと、必要最低限のものしかない。ナースコールの設置予定もない。夏、暑くなった時の空調が少し不安だ。 アリーナの外には、洗面場と簡易トイレや簡易シャワーが各30個(男性用各21、女性各9個)設置されている。 トイレは幸い、洋式だ。 感染者を搬送するためのタクシーも100台整備する予定。運転席と後部座席の間は、ビニールシートで隔てられていた。 今のところ、敷地内にWi-Fiは整備されていない。日本財団広報は「今後整備する予定です」と話していた。

【関連記事】