Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

違法にアップロードされた漫画をスクショしたらどうなる? 著作権法改正案、基準の曖昧さが“萎縮効果”生む懸念も

配信

ABEMA TIMES

 20日、衆院文部科学委員会で著作権法などの一部改正案に関する質疑が行われ、参考人として出席した集英社の堀内丸恵社長が「多数の海賊版サイトが跋扈(ばっこ)し、その被害は重大かつ深刻だ。出版社や漫画家だけではなく、電子書店など正規版コンテンツの流通に関わる全ての当事者にとって今や死活問題だ」と訴えた。    これまでは著作権者に無断で著作物をアップロードすること、そのうち映像・音楽をダウンロードすることが規制対象とされてきたが、今回の改正案では、さらに漫画や雑誌、写真、スクリーンショットなどの静止画、ゲームソフトなど、全ての著作物をダウンロードすることが対象となっている。 【映像】海賊版叩きでユーザーの違法DL規制 スクショは“軽微なもの“曖昧な境界とは? 著作権法改正案  ただし、「スクショの映り込み」「軽微なもの」「二次創作」などは対象から除外されているということもあり、ネットユーザーからは、「漫画の一部をスクリーンショットするのも違法?」「違法と知らずにダウンロードしちゃったらどうなるの?」「もう同人誌は作れないのか」など、疑問の声が相次いでいる。そこで20日の『ABEMA Prime』では、ネット上の著作権問題に詳しい深澤諭史弁護士に話を聞いた。

 まず、今回の法案が成立した場合、「違法にアップロードされたもの=海賊版のダウンロード」「海賊版と知ってダウンロード」「反復・継続してダウンロード」が刑事罰の対象となるが、具体的にはどのような行為が“アウト”とみなされるのだろうか。  深澤弁護士によれば、仮に『漫画村』にアップロードされた海賊版の『ワンピース』を「読んだ」だけであれば基本的には問題とされないが、一部をスクショ(自分の端末に保存)し、かつツイートした場合、「スクリーンショット、画面キャプチャについて、法律上はダウンロード、複製の一種と考えている。また、程度や引用のことなどを細かく言うときりがないが、基本的に配る側が違法、犯罪になる。つまりスクショをツイートする行為は新しく著作物を配って、違法に侵害するということになる」と説明、一方、一部をスクショしただけの場合や、それをアレンジした場合については、「これも程度問題、ケースバイケースだが、今度の改正法では軽微なものについては犯罪化しないという態度を取っているので、一部が軽微だといえるようなもの、個人的に見るだけのような場合は問題ないと考えられる」とした。

【関連記事】