Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日海りおさん「退団後、初のお仕事で好きなものに出会えました!」

配信

集英社ハピプラニュース

CULTURE NAVI「今月の人」

昨年11月に宝塚歌劇団を退団するまで、絶大な人気を誇り、約5年半という長きにわたり、男役トップスターを務めてきた明日海りおさん。退団後「しばらく朝ゆっくり寝られる解放感を味わいました」と笑うが、いよいよ始動! ディズニー最新作の実写版『ムーラン』の声優に挑んだ。

明日海りおさん 退団後、初のお仕事で好きなものに出会えました!

「ずっと宝塚が大好きで、目指して入団し、好きなことを仕事として続けられることに、本当に幸せを感じていました。だから退団後は、“これからは生きるための仕事をするのかな”と思っていたんです。ところが『ムーラン』のお話をいただき、“あ、大好きなものあった!!”と(笑)。それこそ小さな頃からディズニーの世界が大好きで、それが初仕事なんて本当に幸せ。感謝しなければ、と思いました」 しかも“美形トップスター”として鳴らしてきた明日海さんが、男装して戦場で活躍するムーラン役だとは、なんとピッタリな役! 「ムーランが男に扮しているときの声にはなじむのですが、女の子として生活しているときが……。自分では精いっぱい若々しく少女の気持ちで演じたつもりでも、後で聞くと声が太くって(笑)、キーを高くしてしゃべる練習をしたり。でも、段々ムーランを演じる女優さんの気持ちの流れに呼吸が合い始めてからは、自然に演じられるようになりました」

ムーラン役の“リウ・イーフェイさんの演技を一番大事にして声を当てた”という発言が、明日海さんらしさを物語っている。 「監督も、監督の意向を汲み取って演じるリウさんも相手役の方々も、命がけで取り組んだに違いない。だから吹き替える私は、それを大事にしたかったんです。目から入ってくる姿と耳から入ってくる声が、できるだけ同一のものであるようにしたいな、と。ムーランが何か言い終えてフッとほほえむ瞬間、私も同じ笑顔でいないと違和感が入り込む。とても繊細なんだな、とすごく勉強になりました」 アニメーション版も何度も観てきたという明日海さんから見た、実写版『ムーラン』の魅力は!?

【関連記事】